イバラッキーのK市に在住する「オカリナと山とカメラ」が好きな異邦人の他愛ない日々のあれこれを綴ります♪


by ocarina-t
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

三方の富士・・・(470)


  霊峰富士は、何処から見ても形が整った山ですが、高い山に登れば登るほど、その姿が一段と美しさが判り、高く聳えています。


八ヶ岳連峰赤岳(標高2,899m)より、押し寄せる雲海の中に富士山がひと際高く、雲の上に頭を出していた。                      〔クリックして見て下さい〕
c0122445_16424875.jpg



朝の赤岳。上記をズームで富士山の写真を撮る。
c0122445_1643797.jpg



白馬岳(標高2,932m)から、御来光と供に浮き上がる富士山(中央左)。左端は八ヶ岳と右側には中央アルプスと南アルプス(その後列右端)が望めた。
c0122445_16431638.jpg



南アルプス北岳(標高3,192m:日本第二の高峰)から、霊峰の富士を仰ぐ。北岳の山頂で雲の切れるのを待つ事30分。やがて雲が割れ、目の前に富士山がくっきりと現れた。自然に手を合わせていました。                        
c0122445_16432517.jpg





        《霊峰は 文月の朝の 雲の上》
              〔れいほうは ふづきのあさの くものうえ〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-10-27 17:18 | 自然