イバラッキーのK市に在住する「オカリナと山とカメラ」が好きな異邦人の他愛ない日々のあれこれを綴ります♪


by ocarina-t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

鎌倉を歩く・・・(507)


  鎌倉のJR駅から北東部に位置する瑞泉寺から今回は歩き始める事にし、のんびりと一日をぶらり武家の古都を歩いてきました。
c0122445_1943138.jpg



c0122445_19433432.jpgc0122445_19434765.jpg  ここ瑞泉寺は、夢窓疎石によって創建された紅葉ヶ谷の最奥にある閑寂な寺院です。境内は年中花が咲き誇り四季折々の草木が美しく、別名『花の寺』とも呼ばれているそうです。本堂には釈迦如来像があって、これは徳川光圀が寄贈したと伝えられています。木造の夢窓疎石坐像(重文)千手観音(市重文)等が奉られていました。
c0122445_19443319.jpg




鎌倉宮(大塔宮)は、明治天皇の勃命によって建てられ、大塔宮護良親王を祀っているため大塔宮とも呼ばれるそうです。
c0122445_19452753.jpg



天満宮。
c0122445_19454017.jpgc0122445_20133429.jpg  天満宮別名(荏柄天神社)は、鎌倉宮から鎌倉駅に向かって300m歩いていくとありました。やはり学問の神様として崇められています。





c0122445_2016539.jpg




白旗神社。
c0122445_2032315.jpg  天満宮から更に約500m位駅に向かって歩いていくと、白旗大明神神社や源頼朝の墓があるところに出ます。白旗とは源氏を意味し、赤旗が平家を指します。



c0122445_20324888.jpg




       《冬の庭 紅葉ヶ谷の 古都の跡》
             〔ふゆのにわ もみじがだにの ことのあと〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-12-16 21:06 |