イバラッキーのK市に在住する「オカリナと山とカメラ」が好きな異邦人の他愛ない日々のあれこれを綴ります♪


by ocarina-t
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

蝉・・・(678)


    『閑さや 岩にしみ入る蝉の声』


  松尾芭蕉の「奥の細道」で詠まれた句ですが、蝉は夏の季語にもなっていて、蝉の鳴かない夏は、夏ではありませんね。うるさいけど、暑苦しいけど、一生懸命鳴いている蝉は、好く聞いてみると情緒があります。



異邦人が知っている蝉は、①アブラゼミ ②クマゼミ ③ミンミンゼミ ④ニイニイゼミ ⑤ツクツクホウシゼミ ⑥ヒグラシゼミなどの鳴き声や姿形も見たことがあります。
c0122445_1922110.jpg


①~③などは、昼間の暑い最中鳴くのでいかにも暑そうですが、⑥は夕刻雨上がりや涼しい風が吹いたりした時に鳴くので、ちょっぴりセンチメンタルになります。④や⑤は秋風が吹く頃鳴くようですね。
c0122445_1922729.jpg


蝉は、僅か二週間の命に鳴き損じないよう、めいいっぱい鳴きます。
c0122445_1923574.jpg


そこで芭蕉の句で、・・・・岩にしみ入る蝉と言うのは、①~⑥のうちどの蝉なんでしょうか?
c0122445_1924354.jpg




     《空蝉や 生まれし蝉は 翅みどり》

            〔うつせみや うまれしせみは はねみどり〕
[PR]
by ocarina-t | 2009-08-20 19:37 | 自然