イバラッキーのK市に在住する「オカリナと山とカメラ」が好きな異邦人の他愛ない日々のあれこれを綴ります♪


by ocarina-t
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ここは何処でしょうか・・・(111)

  異邦人が好きな町を紹介します。しかし、ここは何処 ・・・・・・・・・・??? ・・・・ でしょうか。異邦人が何度もカメラを持って歩きたくなる町。小さな港町ですが、郷愁を誘う美しい町です。

東洋のエーゲ海か、南風が吹くスペイン風の港町
c0122445_11768.jpg碧空と紺碧の海原、そして入り江のエメラルドグリーンの中に、何処かスペイン風の風が吹くような佇まいは、夏に似合いの風景だ。











明治の小学校は飛切りモダンだ
c0122445_1114873.jpg明治13年築のなまこ壁の校舎は、何処か郷愁を誘う雰囲気。旧役場を移転復元した売店もあるよ。 入場料300円、 無 休  AM9:00~17:00まで












なまこ壁通り。街に風情を醸し出すなまこ壁
c0122445_11244716.jpgc0122445_11261949.jpg








薬学の権威、近藤平三郎の生家の脇道は、なまこ壁通りと呼ばれ、なまこ壁を用いた屋敷や蔵を見ながら散策できる。屋敷の佇まいは情緒たっぷりだ。




時計台と白い橋
c0122445_11344881.jpgc0122445_11354359.jpg










大正13年、昭和天皇ご成婚を記念して建設された時計台は、橋とともに美しく心に残る姿だ。



明治時代の商家
c0122445_1146456.jpgc0122445_11481842.jpg








明治時代に建てられた中瀬邸。なまこ壁が美しい母屋は、調度品や帳場などを当時のまま再現。奥の座敷では喫茶も楽しめる。




レトロ感漂う古民家
c0122445_11542781.jpgc0122445_11553272.jpg







なまこ壁とは、民家や土蔵の外壁の様式の一つで、江戸時代初期に武家屋敷などの壁として使われだした。その製法は壁面に平瓦を竹釘で打ち付けて並べ、繋ぎ目に漆喰をかまぼこ壁に盛り上げたものを言うそうだ。なまこ壁は、防火性、防湿性、防水性に優れていて、蔵には最適な壁と言われている。
c0122445_1252082.jpg





     《魅せられて 白壁なまこ 白南風》
           〔みせられて しらへきなまこ しらはえに〕
[PR]
by ocarina-t | 2007-08-27 12:30 |