イバラッキーのK市に在住する「オカリナと山とカメラ」が好きな異邦人の他愛ない日々のあれこれを綴ります♪


by ocarina-t
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ハッピ姿の精鋭・・・(125)

  昨日、9月9日は救急の日でした。近年救急車の乱用が叫ばれている今日。突き指や、自分で病院へ行く事が出来るのに救急車を依頼する事は、本当に1分1秒でも早急に急病の人を搬送しなければならない時、救急車が無いという事態になりかねません。そうした救急車の使用を、住民一人ひとりが考えなければならないと思っています。また、消防団員の減少についても、しかるべきですが、消防団員の育成の為、K市ではこのような事を踏まえ、消防団のポンプ操法競技大会が開催されました。

c0122445_834595.jpg

以前より、異邦人は、消防協力者として消防団を応援してきましたが、今回は、消防団員の強固な精神を養成し、旺盛な士気のもと、ポンプ操法の熟練と敏速な火災防禦を図る為、日頃の成果を発揮し、消防団員の方々は頑張っていましたので、紹介します。
c0122445_8342890.jpg

K市の消防団は、茨城県下で唯一のラッパ隊。高々に響き渡るラッパの音。ハッピ姿の精鋭K市の有志による消防ラッパ隊です。
c0122445_8344212.jpg

この大会に、ラッパ隊員等が加わり、士気を鼓舞した旺盛な競技の中、迅速な規律と歓声が上がっていました。
c0122445_8345643.jpg


 《秋のハッピ 士気を鼓舞した 火消しかな》
          〔あきのはっぴ しきをこぶした ひけしかな〕
『季語である短い秋に法被は、火災時期の冬に構えて、消防の人達の意気込みを高め、励まして奮い立たせる』
[PR]
by ocarina-t | 2007-09-10 09:27 | 仲間