イバラッキーのK市に在住する「オカリナと山とカメラ」が好きな異邦人の他愛ない日々のあれこれを綴ります♪


by ocarina-t
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

小さい秋見つけた!・・・(140)

  秋は、深まると広葉樹が葉を落とし、穀物や果物が実る時期です。また、食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋など様々な言葉に使われています。異邦人が、何時もウォーキングしているところにも、小さな秋がありました。

ススキ(芒、薄)は、イネ科のススキ属の植物。野生に生息する多年生草本。かつては農家で萱葺き屋根の材料に用いたり、家畜の餌として利用していたそうです。集落の近くに、借り入れをするススキ草原を茅場と呼んでいた。合掌造りで有名な白川郷なども、茅場は確保しているようです。・・・・・・「女心と秋の空」×「男心と春の空」 …???
c0122445_9101725.jpg

栗を辞書で引くと、ブナ科クリ属の木とある。クリの実を「マロン」と呼ぶ事があるが、本来はトチノキ科のマロニエの実であり、かつてマロニエの実を使って、マロングラッセを作ったが、後にクリの実を代用した結果、マロンと呼ぶようになったそうです。
c0122445_9103631.jpg

落葉(おちば)、病葉(わくらば)。樹木には、常緑樹と落葉樹に大別され、落葉は、落葉する過程で紅葉するそうです。神様の贈り物だそうですよ。
c0122445_910464.jpg

コスモス(Cosmos)は、キク科コスモス属の総称で、秋桜とも言う。秋に桃色、白、赤等の花を咲かせる。原産地は、メキシコの高原地帯。花言葉は「少女の純真」
c0122445_9105622.jpg

今日は、中秋の名月。月見と言えば何故「中秋の名月」と言うの!は、この時期(旧暦)台風シーズンでもあり、秋の長雨の時期でもあるので、昔から余り天候が良くなく、必ずしも満月ではないのだが、空気が澄んでいてたまに見える「秋の中の月」のため、名月と言った。仲秋では無く中秋と言うそうです。下の写真は、昨日ほんのりと顔を出したお月様。
c0122445_911729.jpg

今宵18:20’の十五夜。まさに「中秋の名月」。
c0122445_18561885.jpg


      《名月や 月餅供え 今日を待つ》
          〔めいげつや げっぺいそなえ きょうをまつ〕
[PR]
by ocarina-t | 2007-09-25 10:12 | 自然