イバラッキーのK市に在住する「オカリナと山とカメラ」が好きな異邦人の他愛ない日々のあれこれを綴ります♪


by ocarina-t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

日本列島旅日記⑧・・・(240)

  〔東北編Ⅱ=山形〕


  山形には異邦人の大好きな作家、藤沢周平の郷土でもある。特にこの山形の庄内平野を舞台に政変に巻き込まれて行く牧文四郎の成長を描く「『蝉しぐれ』は何度も読んでしまいました。その他「『風の果て』や『たそがれ清兵衛』なども有名な著書です。



立石寺の寺号は宝珠山阿所川院立石寺と言うそうです。普通山寺と言われ、古来より悪縁切り寺として信仰を集めたようです。

下の写真の景色は、五大堂からの眺めで元禄2年(1689)松尾芭蕉が旅の途中で訪れ、「奥の細道」にその時の事が書かれている『閑さや巌にしみ入る蝉の声』の句を詠んだ句碑が参道にある。
c0122445_17243371.jpg


c0122445_17245528.jpg月山神(攝社三神社)は出羽三山の月山(標高1,984m)、羽黒山(418m)、湯殿山(1,500m)の総称した出羽三山神社なんです。本宮はそれぞれの山にあるようです。




c0122445_17253219.jpg五重塔(国宝)は、平将門建立と言われています。


正式名は羽黒山五重塔ですが、この風格重々しいでしょう。


高さ29mの三間五層柿葺素木造りで、羽黒山参道一の坂上り口の杉並木の中にある。


近くには樹齢千年樹の周囲10mの巨杉(天然記念物)翁杉もあります。





山居倉庫(さんきょそうこ)は、明治26年(1893)に建設された米の保管倉庫で、現在も農業倉庫として使用されています。

新井田川沿いに欅並木と共に12棟が建ち並ぶ景観は、米どころ庄内のシンボルとして有名です。1棟は庄内米歴史資料館として開放され、米作りの歴史から現剤の生産・流通の仕組みまで学ぶ事が出来る。
c0122445_17255142.jpgc0122445_1726444.jpg







     《雲の峰 流れて光る 月の山》
        〔くものみね ながれてひかる つきのやま〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-01-11 18:17 |