イバラッキーのK市に在住する「オカリナと山とカメラ」が好きな異邦人の他愛ない日々のあれこれを綴ります♪


by ocarina-t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

稜線/風と雲⑩・・・(268)

  〔白馬岳PartⅠ=北アルプス〕


  北アルプスに位置する白馬連山は、南部の穂高連峰の周辺に比べ残雪が多く遅くまで残るのですが、最近温暖化のせいか残雪が少ないように思います。この白馬岳は異邦人が好きな山のひとつで、何度となく登っています。

前回、稜線/風と雲④・・・(201)〔想い出の山〕として、昨年の11月25日に白馬岳から不帰の嶮(カエラズのケン)を経て唐松岳への縦走を掲載しましたが、今回は栂池平までの縦走を掲載します。


JR大糸線白馬駅からバスで登山口猿倉に入る。猿倉で登山届を出し、約一時間で白馬尻に着く。ここ白馬尻には大きな岩に「おつかれさん!ようこそ大雪渓へ」と白いペンキで書かれている。いよいよここから大雪渓だ。
c0122445_12472730.jpg

大雪渓を登る前に腹ごしらえです。大雪渓は白馬尻から葱平まで約2キロに達している。一年中消えることはない雪渓だ。
c0122445_12474254.jpgc0122445_12475884.jpg









c0122445_12481799.jpg

葱平からお花畑を越え、ここ村営頂上宿舎までは約5時間半のコースだ。ここから少し登った所からは稜線に出て、巨大な白馬山荘が見えて来る。その白馬山荘へ宿泊する事にし、ザックを山荘に置き山頂まで登りました。山頂では若い女性が両手を広げ、雪渓から吹き上げてくる稜線の風を思いっきり受け止めていました。 ・・・・・・・・・・  つづく
c0122445_12483128.jpgc0122445_12485133.jpg





c0122445_133897.jpg








    《髪なびく 雪渓の風 心地良き》
        〔かみなびく せっけいのかぜ ここちよき〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-02-13 16:17 | 山行