イバラッキーのK市に在住する「オカリナと山とカメラ」が好きな異邦人の他愛ない日々のあれこれを綴ります♪


by ocarina-t
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

日本人の心の味・・・(297)



  昔から日本人の食については、海の物・山の物で、その中でも味を美味しくするのにはどうしてもダシが決め手となるのだと思います。そのダシは最近いろいろな調味料があって、美味しいですが、何と言っても日本人の最も好むものとして、海の物の昆布と共に鰹節があります。


鰹節は、鰹の繊細なコクと風味を凝縮させ、それを細かく削りダシとして甘味成分を使用することにより、日本人の食生活の伝統に繋がっているのだと思います。


異邦人が生まれる前から使用していた我が家の鰹節削り器。年季が入っています。
c0122445_17121837.jpg


鰹節削り器は、最近簡単に削ることが出来る回転式もあるが、何故か異邦人はこの昔ながらの削り器の役目になっていたようで、長年削ってきた事で上手に削ることが出来ます。
c0122445_17134450.jpgc0122445_17135537.jpg









食材として納得できるように削り方も替え、細かく削ったり粗く削ったりしますが、それにはカンナの調整も必要なんです。刃を出すのに尻を叩いて0.1mm位刃を出し、出すぎたらカンナの頭を叩いて引っ込めます。鰹節にも頭と尾があり頭を下にして40度の角度で筋に沿って削ると良く削れます。ヤッパリ鰹節は日本の伝統的な日本人の心の味であると思います。
c0122445_1714997.jpg



   《削り節 春菜にこぼす 甘味かな》
        〔けずりぶし はるなにこぼす うまみかな〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-03-19 18:06 |