イバラッキーのK市に在住する「オカリナと山とカメラ」が好きな異邦人の他愛ない日々のあれこれを綴ります♪


by ocarina-t
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

越中おわら風の盆・・・(424)


  直木賞作家高橋治の小説『風の盆恋歌』を今から9年前に読んで「おわら風の盆」を見たいと思い、昨年やっと念願が叶って行くことが出来ました。


雪洞に灯が燈り、胡弓の音が流れる時、風の盆の夜が更ける・・・・・・・・・。。
金沢、パリ、八尾、白峰を舞台に、美しく描かれています。本の中での粋芙蓉の花が印象的でした。
c0122445_18245726.jpg



写真は昨年撮ったものです。優雅な踊り手の町流し。
c0122445_1825263.jpgc0122445_18255060.jpg







粋芙蓉の花は、朝方は白いのに時間が経つとピンク色に変わる。まるで風呂上りの美女の如く清楚で粋な色気を感じさせる。酒でほろ酔いした様な淡いピンクのこの花は人気があるようです。


c0122445_1844623.jpgc0122445_18442339.jpg







富山ライトレール。一乗り200円。
七色の車輌があって快適で環境に優しい公共機関だ。富山市内を走っている。


越中八尾は平成の大合併により、現在富山市八尾になっている。






「おわら風の盆」は、越中おわら節の哀愁を帯びた胡弓の調べにのって、いよいよ9月1日からの本番を前に今「前夜祭」が富山市八尾で行われている。
c0122445_18514851.jpgc0122445_18515964.jpg









この「前夜祭」は、8月21日から30日までの11日間、11の町内で無言の踊り手たちが艶やかで洗練された踊りを披露する。


本番は観光客で宿泊も困難な事から、じっくり見るには前夜祭の方が良いという人もいて、最近では、前夜祭も人気が出ているとの事です。







        《粋芙蓉 恥らい隠す 風の盆》
            〔すいふよう はじらいかくす かぜのぼん〕


『粋芙蓉は恥らうようにあかくなるが、若い娘も踊り手となって踊ると、恥ずかしいのも隠す事が出来る。それが風の盆だ』
[PR]
by ocarina-t | 2008-08-27 19:22 |