イバラッキーのK市に在住する「オカリナと山とカメラ」が好きな異邦人の他愛ない日々のあれこれを綴ります♪


by ocarina-t
カレンダー

2008年 01月 08日 ( 1 )

  昨日一月七日は「春の七草」の日でした。本来、春の場合は「春の七種」だそうです。我が家では毎年恒例の七草粥と言うものを食べていましたが、異邦人は「秋の七草」は知っていましたが、春の場合は言えませんでした。そこで早速調べてみると・・・・・

芹、ナズナ(ペンペン草)、ゴギョウ(母子草)、はこべら(ハコベ)、スズナ(かぶ)、すずしろ(大根)、仏の座。だと言うことが分かりました。

昨日の朝も七草粥を食べました。お粥ですので食べやすいのですが、少し苦味があるような気がします。でも、胃に優しくサッパリした素朴な味でした。
c0122445_17282541.jpg


春の七種の由来は : 古い中国の習慣が日本に伝わり、後醍醐天皇の延喜十一年から正月七日に七種の若菜を調進することが公式化され「枕草子」にも
          「七日の菜を六日に入がもて騒ぐ」
の記事が残っているように、七日の朝七草粥を炊いて、無病息災を祈る慣わしが出来たらしいです。

当然、おせち料理で疲れた胃を休め野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養を補うと言う効能もあることから、このように取り入れられたようです。
c0122445_15165490.jpg


左から芹、スズナ、すずしろ、ナズナ、仏の座、御形、はこべら、で市販されているものです。
c0122445_151787.jpg


秋の七草は : 女郎花(おみなえし)、尾花(すすき)、桔梗(ききょう)、撫子(なでしこ)、藤袴(ふじばかま)、葛(くず)、萩(はぎ)です。
おすきなふくはと覚えていました。

秋の七草は、「花野(はなの)」を散策して短歌や俳句を詠む事が古来より行われ、それを眺めて楽しんだようで、何と風流な事なんだろうと思いますよね。


    《年明けし 春の七草 ダイエット》
         〔としあけし はるのななくさ だいえっと〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-01-08 16:55 |