イバラッキーのK市に在住する「オカリナと山とカメラ」が好きな異邦人の他愛ない日々のあれこれを綴ります♪


by ocarina-t
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:娯楽( 135 )

  幕張メッセで、東京モーターショー2007が開催したので見てきました。国産車、輸入車、商用車・車体、二輪車などが展示され、スポーツカーやスモールカーの環境を考慮したエコカーが各メーカーが自信を持っての出展だ。

北、東、西、中央(ゲート)の各ホールにグループごとに出展し、イベントホールにも部品等の展示もあって、広い会場は平日にも関わらず沢山の見物人で混雑していた。
c0122445_21304091.jpg

輸入車には人がパラパラだった。
c0122445_7564885.jpgc0122445_7572099.jpg





国産車に人気があり、ヨーロッパではディーゼルエコカーが主流で、日本もディーゼルエコカーに移行しそうな中、外車は色あせたような古い車に見えたのは何故だろう。国産車(下の写真)は人気があった。  (写真をクリックして)
c0122445_21311716.jpg

特に人目を引いたのは、PIVO2(ピボ2)シンデレラ姫が乗ったパンプキンの様な車で、小さな可愛いロボットがダッシュボードに乗っていて、縦列車庫入れも簡単。タイヤも四方八方動き、運転も前後向きを替える事が自由に出来る。技術もスタイルも進歩した車だ。
c0122445_21312982.jpg

こんなレトロな車も展示してあった。    二輪車にも人だかりでいっぱい。
c0122445_21314019.jpgc0122445_2132162.jpg





08ダカール参戦車両(下の写真)も出展。ハイブリット、バイオ、ディーゼルエコなど各社いろいろな車が出展していましたが、家庭用のコンセントで充電し、160キロ走行できるCO2排出ゼロの車。ソフトなジェル素材の柔らかボディの車など、斬新で環境を守りつつ安全なコンセプトモデルカーの2007東京モーターショーでした。
c0122445_21341229.jpg


  《いわし雲 空に浮かんだ スモールカー》
          〔いわしぐも そらにうかんだ すもーるかー〕
[PR]
by ocarina-t | 2007-11-01 07:59 | 娯楽
  我が街に、劇団フルキャラ(ふるさときゃらばん)がやって来る。いまニッポンを襲っている災害は、地震や洪水や火事だけではない。地方の財政難もまた災害のように直撃している。あなたときみの大切な家族や命を災害から守るのは誰だ。
    それは御近所の底力・・・・・・で始まる、当世流行面白一座です。かねがね、異邦人は、地域のためにボランティアでわが町を守るヒーローの応援者です。この勇気と愛と心の楽しさが踊るミュージカルプレイ!「ふるきゃら」をお勧めします。

c0122445_22565732.gif   : あらすじ :
大工の棟梁をしている神風平の消防分団長は、自慢の息子長男が大手商社マンから、突如、裏山の松茸山の再生に取り組む町の笑い者の変人に。しかし、次男が連れて来た彼女は、その長男に一目惚れ、こんな孫の将来に希望をなくし、東京へ行くと言って行方不明になる親父。そうした中、消防操法訓練や女性団員が全国大会へ目指す場面等もあるが、山菜取りのおばあさんの捜索や長男の松茸山が防火帯となる等など、消防団長である工務店の社長等が絡み合う消防団を描いたミュージカル劇だ。2時間40分を飽きさせないで楽しむことが出来る。
c0122445_22571345.jpg

ふるきゃらのパンフレットより・・・・・・
日時 平成19年11月15日(木)18時30分から~だそうです。面白いよ。
参考 : 詳細は古河市民芸術鑑賞の集い実行委員会へ

      《松茸や 近所ふれあい 底力》
         〔まつたけや きんじょふれあい そこじから〕
[PR]
by ocarina-t | 2007-10-20 00:00 | 娯楽
  旅に行った時、その地域を探索する事に良いと思い、折り畳み自転車を購入しました。またジョギングの時に神さんに伴走をして貰う為にも、神さんの運動にもなると思いました。折り畳み自転車を調べてみると、フレームなどを折り畳みコンパクトにした自転車で、フォールデングバイクと言います。工具を必要としないものと、必要とするものとがあり、一般的には前者を指すようですが、後者は分割式として、ロードレーサー、ランドナースポルティーフなもので、ダイヤモンドフレームをした前後に分割するものがあるそうです。

折り畳んだ自転車。
c0122445_8501493.jpg

車に乗せる為に、固定させようと箱枠を作った。
c0122445_8503171.jpg
折り畳み自転車の起源は、1875年フランス陸軍のジェラール大尉が考案したのが最初と言われています。軽量なので車に積んで持ち運びも便利で、実際の使用用途が多くなると思います。

箱枠に上手く収まり倒れません。
c0122445_8504087.jpg

早速、車に乗せ固定具合を確認。満足のいく出来栄えだ。車輪は小さいが6段ギア付きの優れもの。
c0122445_8504956.jpg


     《行楽や サイクリングの 萩の道》
          〔こうらくや さいくりんぐの はぎのみち〕
[PR]
by ocarina-t | 2007-10-01 09:13 | 娯楽
  先日、栃木県小山市でボリショイサーカスの興行がありましたので見てきました。ボリショイとは『偉大な』とか『大きな』と言う意味で、ロシアではロシア連邦サーカス公団と言っているそうです。また、サーカス(Circus)=ラテン語でキルキス(円形競技場)または円周・回転を意味する語が語源とされています。ボリショイサーカスは、総勢約8000人ものアーティストとスタッフ、6600頭を越える動物。約100箇所の常設・仮説劇場を持つ世界最大のサーカス規模で、ロシア国立のサーカス学校から、毎年新しいアーティストが誕生し、ロシアの誇りと世界の頂点に立つ偉大なるサーカスだ。

プライバシーに関する個人情報の取り扱いから、写真はボカシてあります。また、サーカス公演中は撮影禁止ですので、開演前の時間と休憩時間での写真です。何と言っても花形は空中ブランコだ。また、熊のミーシャやホワイトタイガーのサーカス、犬猫の曲芸、綱渡りなど等、イリューションもさる事ながら素晴らしく楽しかった。
c0122445_954913.jpg

ボリショイサーカスは、美を大切にした芸術性を高めたもので、レニングラード交響楽団(正式にはサンクトペテルブルグ交響楽団なのだそうですが、日本公演時だけこの名称を用いるらしい)の音楽はまさにプロのアーティストだ。
c0122445_9542671.jpg

異邦人が、最初にサーカスを見たのは小学校三年生の頃だった。カキヌマ大サーカスを見て、強烈に脳裏に焼きついている。その後、シバタサーカスや木下サーカスなども見たが、現在日本のサーカスは、木下、キグレ、ポップ、カキヌマの四大サーカスが興行しているらしい。
c0122445_9543917.jpg

幼い子供も多く、目を輝かせ食い入るように見ている様は、我が幼き頃を思い出しました。(観客約2000人。次回つくば市で9月14~17日まで興行するそうです)

   《弦月や 空中ブランコ イリュージョン》
         〔げんげつや くうちゅうぶらんこ いりゅーじょん〕

『弓形の月をバックに 空中を舞うアーティスト達のブランコは 流れ星の様で 何とも言えない幻想的なんだろう』
[PR]
by ocarina-t | 2007-09-12 11:20 | 娯楽

デビューしました

今日キムさんに設定していただきめでたくデビューしました。
c0122445_16423255.jpg

群馬サファリパークへ行って、ゾウと会ってきました。
どうゾウよろしくお願いしま~す。 o(^▽^)o
[PR]
by ocarina-t | 2007-05-12 16:53 | 娯楽