イバラッキーのK市に在住する「オカリナと山とカメラ」が好きな異邦人の他愛ない日々のあれこれを綴ります♪


by ocarina-t
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:北欧( 15 )

  グリムス : キーワード「原油被害」


  ~ デンマーク ~


デンマークの代表的な童話作家・詩人であるハンス・クリスチャン・アンデルセンの人魚姫像。
c0122445_17381162.jpg


ランゲルニエ地区のコペンハーゲン港の公園では、家族連れがのんびりと日光浴を楽しんでいた。
c0122445_17382199.jpg



    《のんびりと 短な秋の 空の下》

        〔のんびりと みじかなあきの そらのした〕
[PR]
by ocarina-t | 2010-10-16 17:54 | 北欧
  グリムス : キーワード「CO2削減」

  ~ ノルウェー ~


  毎週土曜日は、AROUND THE WORLD として、異邦人のアルバムからフォトを掲載したいと思います。



北欧の夏は短く、9月になっても半袖で日光浴をする人もいれば、ジャンパーを着ている人もいました。        〔クリックして見て下さい〕
c0122445_2084144.jpg


裕福な国ノルウェーは、ヨットなどを所有している庶民も多く、福祉や環境も整っていて住宅地も森の中に調和して建ててあります。
c0122445_2084911.jpg



  《野分なき ノルウェーの森 静かなり》

         〔のわきなき のるうぇいのもり しずかなり〕
[PR]
by ocarina-t | 2010-09-03 22:52 | 北欧


  暦の上ではもう立秋を過ぎましたが、まだまだ残暑が厳しく続いています。また、中国でも「2008オリンピック」が開催され、全世界が暑く燃えて興奮しています。そこで『異邦人の写真館』でも見て一息入れて下さい。



ノルウェーベルゲン市        〔クリックして見て下さい〕
c0122445_196450.jpg



ノルウェーハダンゲルフィヨルド
c0122445_1975373.jpg



ノルウェーハダンゲルフィヨルド
c0122445_1984038.jpg



フィンランドヘルシンキ大聖堂
c0122445_1993243.jpg
  



       《澄み渡る 白夜の景色 夢の跡》
             〔すみわたる びゃくやのけしき ゆめのあと〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-08-09 22:44 | 北欧

c0122445_1627333.jpg  今日からまた『異邦人の写真館』を掲載したいと思います。

北欧では沢山の写真を撮ってきましたので、観て頂きたいと思います。風習や文化・歴史・宗教など異文化の違いが分かると思います。それによって少しでもカルチャー的ご理解が得られれば幸いと思います。



ノルウェーは、北海油田により国民は豊かな生活を送り、フィヨルドのリゾートで別荘やヨットなどでの短いバカンスを楽しんでいました。     
                               (写真をクリックして050.gif
c0122445_16391127.jpg



ノルウェーオスロからソグネフィヨルド地区へ行く途中の「ボルグンドの木造協会」ラールダル近くにあり、現地で最も良く保存されたスターブ協会。
c0122445_16393644.jpg



フィヨルド地方の氷河が解け、いたる所に滝が流出している。透けたブルーの雪と氷は、暗い谷間から見上げると眩しい程輝いている。
c0122445_1641185.jpg



フィヨルドのリゾートは、太陽の日差しが低い雲からの斜線に射し込み、山肌や湖畔はグラデーションが綺麗だ。
c0122445_1642914.jpg




     《ひと夏の 異文化覗く ファインダー》
             〔ひとなつの いぶんかのぞく ふぁいんだー〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-08-07 17:45 | 北欧
  〔フィンランド編〕


  フィンランドは、「森と湖の国」というイメージが強く、国土の約70%が森林だそうで、湖は約19万湖が存在するそうです。しかし、旧ソ連などの支配を受け、1917年の独立を果たすまで独自の文化を保っている事が分かりました。



c0122445_16142869.jpgフィンランドは、岩で出来た国土といっても過言ではなく、岩盤の上に白樺などありますが、あまり根が張れない中での森林だそうです。したがって地震はないそうですが、多くの木が倒れるので白樺の木から研究を重ねキシリトール等を発見し、土産品やガムなどを特産物にしています。
また、下の道路標識に於いては、ロシアの統治国家だった為、未だに上にはロシア語、下にフィンランド語で同じ事を二重に標示し、陰になって陽に当たらない街並み(右の写真)は、フィンランド人が住み、ロシア人は陽の当る反対側に居住を持たされたそうです。北欧での陽の当らない場所は、辛く切ない生活だったそうですが、独立後、平和と平等を求め国会議事堂には塀もなく、誰でも自由に出入りが出来、お昼になると大統領が一人でランチを食べたりして、大統領にも護衛はつかないそうです。
また、右下写真の赤いトラムは、ロシア人がアルコールを飲むために走らせた路面電車が、未だに公共の足として動いていました。現在はそんな苦しい生活から逃れようと、皆で協力し国のために良くしようと議員も国民も一生懸命生き、汚職は勿論、国の為働いた税金は最高58%だそうで、福祉の充実や医療に喜んで国民が納めているそうです。そういう素晴らしい国だから不道徳者は見かけないとガイドさんの話にはありました。

c0122445_1618445.jpgc0122445_16182297.jpg





 c0122445_16221490.jpg






 c0122445_16431237.jpg








綺麗な街並みと環境に優しいトラムも走っています。
c0122445_1712958.jpg


北欧には、童話作家が生み出したマッチ売りの少女や人魚姫、小人の妖精やトロル、ニルスの不思議な旅、ムーミンなど沢山あります。どういう訳か(写真左下)今フィンランドで最も人気のある日本人のバンドだそうです。因みにノルウェーでは「ノルウェーの森」を書いた作家の村上春樹さんが一番の人気でした。
c0122445_17131680.jpgc0122445_17153422.jpg











c0122445_1716862.jpg








ヘルシンキのマーケット広場は観光客に利用しやすく、ミートパイ&コーヒー4ユーロ(この時1ユーロ:175円)で寛ぐ事が出来ました。
c0122445_17165373.jpg




       《ガム噛めば 夏の白樺 より白く》
              〔がむかめば なつのしらかば よりしろく〕

      『キシリトール入りのガム噛んで、夏に見る白樺の木より白い歯だ』




※ 『白樺からキシリトールが発見され、口腔内の細菌を減らす作用をガムとして製造している。日本では必ずしも虫歯の予防にはならないと言う人もいるいるそうですが、カナダの歯科医やモントリオール大学では臨床試験の論文で発表し虫歯予防に勧めている。近年コラーゲンが含まれている事が分かり、アセロラ、ビタミンEなどの成分も入れて美容に効果的と言われているガムもフィンランドで発売されている』
[PR]
by ocarina-t | 2008-08-06 18:45 | 北欧
  〔スウェーデン編〕


  北欧の海外紀行では、飽きれる程長くブログ掲載が続きますが、覗いて下さっている皆さんもう暫らく辛抱して下さい。


  ノルウェーのベルゲンからスウェーデンのストックホルムまでは、飛行機で約1時間30分です。機上から窓を見下ろすと運良く氷河を眺める事が出来ました。
c0122445_1850571.jpg



スウェーデンは、北部のラップランドでは真冬にオーロラが見られるようですが、首都のストックホルムは、北欧随一の洗練された雰囲気が漂っている感じでした。
c0122445_18522116.jpg



ルネッサンス様式の王宮と広場。ここでは衛兵の大交代式を観光客に公開しています。
c0122445_1854546.jpgc0122445_18545539.jpg












ノーベル賞受賞者の公式晩餐会会場で有名な、赤レンガ造りのストックホルム市庁舎に入る事が出来ました。晩餐会が開かれる黄金の間は、1900万個の金箔を使ったモザイクは見応えがあります。
c0122445_18561912.jpgc0122445_1857938.jpg












市庁舎前の広場では、市民の憩いの場所となっています。北欧では所得の50パーセントが税金だそうですが、それだけ福祉が充実している為、ゆとりのある国民生活を送っているようでした。
c0122445_18575986.jpg



ストックホルムでの午後のひと時は、老若男女がベンチで自由気ままに陽射しを浴びたり音楽を聴いたりしています。
c0122445_1859090.jpg




     《氷河解け ノーベル利かず 温暖化》 
             〔ひょうがとけ のうべるきかず おんだんか〕 
[PR]
by ocarina-t | 2008-07-31 19:41 | 北欧
  〔王宮の衛兵〕



デンマーク・コペンハーゲンのアマリエンボー宮殿。帽子をかぶり銃を抱えて王宮を守る制服姿の若い衛兵。
c0122445_22131724.jpg



ノルウェー・オスロの壁や柵などを設けないので開かれた王室といわれている。その王宮を守る衛兵。
c0122445_22132836.jpg



スウェーデン・ストックホルムのガムラ・スタンにある王宮の衛兵。
c0122445_22133836.jpg



スウェーデン・ガムラスタン王宮での華やかな衛兵交代式は、至近距離から鑑賞できる。
c0122445_22134726.jpg




      《王宮の 空を染めたし 白夜かな》
             〔おうきゅうの そらをそめたし びゃくやかな〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-07-30 22:53 | 北欧
  〔ノルウェー編〕



  ノルウェーは、北海油田が出たことにより国民が豊かで北欧の中でも、ノルウェーだけがEUに加盟していない国です。そんな訳で別荘やヨットなどを所有し、夏のバカンスを楽しんでいるようです。



グドバンゲンからソグネフィヨルドのクルーズ観光として、この船舶に乗船しました。
c0122445_22135964.jpg



ソグネフィヨルドは、氷河時代の太古から形作られてきた氷河の爪痕だ。壮大な風景を実際に確かめたくて北欧へやってきました。
c0122445_22141826.jpg



そのダイナミックな自然には言葉も出ないほどでしたが、ノルウェーの人々は、この自然に上手く溶け込んで生活をしていました。
c0122445_22142815.jpg



あらゆる所から滝が流れ出ていて、手付かずの自然を観ているようです。
c0122445_22151697.jpgc0122445_2215379.jpgc0122445_22161532.jpg











フロム山岳鉄道で、ミュールダルへ約1時間の列車の旅です。途中ショーズの滝〔右上写真〕の前で、列車は数分間のユニークなサービス停車があり、記念写真を撮らせてくれる。
c0122445_22182719.jpg



ハダンゲルフィヨルド地区のリゾートホテルの湖畔にて。
c0122445_22184043.jpg



ベンゲンではケーブルカーで、フロイエン山(標高320m)の山頂へ。夜景が最も美しいと言われるこの展望からは、ベンゲン市内が一望できる。
c0122445_2219872.jpgc0122445_2219235.jpg









        《夏涼し 氷河の滝に 言葉消え》
             〔なつすずし ひょうがのたきに ことばきえ〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-07-29 23:23 | 北欧
  〔ノルウェー編〕


c0122445_2051964.jpg  デンマーク・コペンハーゲンから客船DFDSシーウェイズに乗船し、ノルウェーの首都オスロへ向かいました。

ノルウェーで感じたのは、正規な国旗は一つですが、その他の旗(写真左)が何処にでも見られ、企業や船ホテルなどなどにいろんな旗が掲げてあり、旗を掲げる事が誇りに思っているようです。

旗はノルウェーが世界最初に起案しバイキング船などにも掲げたとの事です。




ビル8階建てもあるような船舶。船内とは思えない通路と海側キャビンの船旅。
c0122445_20194688.jpgc0122445_20201433.jpgc0122445_20202930.jpg












船尾にはプールもありのんびりと北海の船旅です。
c0122445_2026395.jpg



ルネッサンス様式の開かれた王宮と衛兵。衛兵の服装などはデンマークとはまた違っている。
c0122445_20313968.jpgc0122445_20315238.jpg










c0122445_20385561.jpgノルウェー最大の国立美術館。それがなんと入場料無料と言うのは驚きでした。

ここには、ミケランジェロやマティス、ロダンなどの有名なアーティストのほか、2階には何といってもムンクのコーナーがあり「叫び」「マドンナ」「春」などの作品が収められていました。



ファンタジーの国ノルウェーは日本より国土面積が少し大きく、歴史上自然の恩恵を受けその恵みを収穫して暮して来ましたので、バイキング時代から自然に帰れと言う事で環境保護が世界のモットーとなる前から自然との共存の大切さを感じ取っている国だと思いました。そして、オスロの市内観光には、環境に優しいトラムや自転車でゆっくり周るのが良いようです。
c0122445_20484275.jpg




        《在りのまま 自然体験 夏の旅》
              〔ありのまま しぜんたいけん なつのたび〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-07-25 21:08 | 北欧
  〔デンマーク編〕



森と湖の澄んだ北欧の景色は美しく、ほんとうに絵葉書そのものです。異邦人も自分のパソコンの壁紙としても使用してしまいました。
c0122445_2332734.jpg



c0122445_2334667.jpgフレデリクスボー城内は、レンガ壁と石垣の美しいお城です。


車の出入りもなく安全で、地域住民の憩いの場所でもあり、家族連れや子供達が遊んでいました。


ゴミや落書きなども無くマナーが行き届いているようで、観光客と共に小さな時から世界遺産を守る意識が植え付けられているようにも思えました。



お城の入城路でベビーカーに赤ちゃんを乗せ、その後から子供が着いて行く光景は微笑ましいのでシャッターを切りました。
c0122445_2310454.jpg



お城の上空にスジ雲が湧き、鳳凰が翼を広げ舞っている様にも見えました。
c0122445_23145138.jpg



中庭の噴水では異邦人が珍しいのか、カメラを向けると地元のような少年がハニカミながらポーズをとってくれました。
c0122445_23171494.jpg



世界遺産を守る町は、周りの街並みも綺麗です。湖面は絵の具で溶かしたように映え見ているだけで心が癒され、言葉も出ませんでした。ただ、ファインダーを覗きシャッターを切るばかりでした。
c0122445_232379.jpg




        《夏菊の 淡き匂ひも 旅にあり》
             〔なつぎくの あわきにおいも たびにあり〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-07-23 23:36 | 北欧