イバラッキーのK市に在住する「オカリナと山とカメラ」が好きな異邦人の他愛ない日々のあれこれを綴ります♪


by ocarina-t
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:アフリカ( 5 )

  グリムス : キーワード「砂漠化」

  ~ エジプト ~


  毎週土曜日は、異邦人のアルバムから 『AROUND THE WORLD』 と題してフォトを掲載しています。


日本ではだいぶ涼しくなりましたが、ここエジプトは、灼熱の太陽がギラギラと輝いていました。


ギザのピラミット警護に当たる警察官。    〔クリックして見て下さい〕
c0122445_100232.jpg


世界各国からの観光客を相手に、駱駝体験や露天商等が砂漠の中で開いていた。
c0122445_1001255.jpg



   《茉莉花や 古代の香り ピラミッド》

        〔まつりかや こだいのかおり ぴらみっど〕
[PR]
by ocarina-t | 2010-09-25 10:41 | アフリカ

  七千年の時を経て、語りかける古代壁画やレリーフを沢山見ることが出来ます。それは、エジプト国民の約90パーセントはイスラム教徒で、ローマ帝国統治下にあった街をアラブ軍が征服し、以来イスラム中都市として栄え多くのモスクが建立されているからでもあります。


イスラーム地区にあるモハメド・アリ・モスク。モカッタムの丘に築かれた城塞都市。
                                    〔クリックして見て下さい〕
c0122445_16203959.jpg


モスクの内部は、ドーム天井から吊るされたランプの光で照らされている。
c0122445_162048100.jpg


1824年モハメド・アリによって建設され、オスマン様式の巨大なモスクの天井は、繊細な細工が施され美しいドームです。
c0122445_16205781.jpg


(写真下)モハメド・アリのテラスから眺めると、写真中央から右にかけて、スルタン・ハサン・モスクのロケットの様な塔が建っています。この塔の高さは、81,6メートルでイスラーム地区で1000塔もある中で、最大の高さを誇るそうです。


※ さて、クイズです。ロケットの様な塔の呼び名は何んと言うのでしょうか


イスラーム地区の街中が見渡せますが、遠くは砂漠による砂塵でどんよりしていました。
c0122445_1621458.jpg


ホテルの朝食にも出される、フェテール(エジプト風パンケーキ)を焼いている女性。
c0122445_1621158.jpg


話に聞いていたので頂いたボールペンを持参し、ホテルの従業員やレストラン&売店等であげたら、日本製のボールペンは重宝がられ、お土産品などの値引きもしてくれた。

異邦人が泊まったホテル。
c0122445_16212571.jpg




     《白南風の 異国の街の モスクかな》
              〔しらはえの いこくのまちの もすくかな〕
[PR]
by ocarina-t | 2009-07-10 17:49 | アフリカ

  ギザの三大ピラミッドとスフィンクスは有名ですが、その他の世界遺産のピラミッド郡を訪ねて、カイロから南下してサッカラ、メンフィス、ダハシュールを巡り、一味違った味わいのある古いピラミッドの数々を見てきました。



サッカラと言う地域にある世界最古の階段ピラミッド(ジェセル王のピラミッド)。手前に駱駝を入れて写真を撮りましたが、エジプトにいる駱駝はみんな一コブ駱駝だそうです。
c0122445_17205241.jpg


(写真左)ギザの三大ピラミッド中央にあるカフラ王のピラミッド。(写真右)サッカラから4キロ南下した、ダハシュールの静寂な砂漠にそびえる屈折ピラミッド。
c0122445_17211549.jpgc0122445_17213881.jpg








(写真左)ダハシュールにある黒のピラミッド。化粧石が崩れ風化していた。(写真右)同じくダハシュールにある赤のピラミッド。
c0122445_1722974.jpgc0122445_17222562.jpg










エジプト考古学博物館。ファラオの栄光と財力を物語る12万超の遺産コレクションがある。ここは二重のチェックがあり、カメラ持ち込み禁止。
c0122445_1723191.jpg



ツタンカーメンの黄金マスク。(写真下)はカイロ考古学博物館で購入した写真集より。
息を呑むほど美しく秘宝ツタンカーメンのマスクは圧巻で、ルーブル美術館で見た「モナリザ」やオスロ国立美術館の「叫び」よりも優るとも劣らないエッセンスを満喫しました。
c0122445_17232499.jpgc0122445_1723467.jpg









c0122445_17241237.jpg














        《灼熱の 旱風化の ピラミッド》
             〔しゃくねつの ひでりふうかの ぴらみっど〕
[PR]
by ocarina-t | 2009-07-09 18:44 | アフリカ

  ナイル河は、アフリカの大湖水地帯から地中海まで、約6500キロにわたって流れているそうです。ナイル河に沿ってカイロ郊外から田舎町へ足を運びました。



ランチタイムのレストランからナイル河流域を望む。
c0122445_15134356.jpg



ナイル河夜景。                  カイロの街中からもピラミッドが見える。
c0122445_1514867.jpgc0122445_15142922.jpg









カイロ郊外の片田舎の街並み。
c0122445_15152336.jpg


ユニセフでも問題視している未成年労働者について、学校にも行けずに観光地などでの灼熱の中、子供達の働く姿が多く見受けられ絶句・・・・・・・・。。これが現実で虚しさを覚えました。
また、我が国の豊かさは、この人たちを犠牲に成り立っているのかも知れません。いつしか涙が込み上げてきました。



小型三輪車も走っていました。一見綺麗に見えますが川岸はゴミの山で、死んだ山羊なども川に浮かんでいました。
c0122445_15154625.jpgc0122445_15155523.jpg









親子連れだろうか、ロバにまたがり仕事にでも行くのでしょうか。決して生活は豊かではないようです。
c0122445_1517591.jpg



治安が良いとは言えないので国策により、異邦人達はエジプトへの入国から出国まで、何処へ行くにも私服警察(SP)がガードしてくれました。
c0122445_15172524.jpgc0122445_151741100.jpg














          《天の川 空に輝く 金字塔》
             〔あまのがわ そらにかがやく きんじとう〕


『ナイル河は天の川と見立て、金字塔すなわちピラミッドはオリオン座の三ツ星です。古代エジプトでは空に黄金の大地を描いて、夜はそれらが空に輝いています。』
[PR]
by ocarina-t | 2009-07-08 17:03 | アフリカ

  異邦人のブログも、夏休みを先取りして6月13日から長らく休ませて頂き旅をして来ましたが、その分仕事や家事の所用も溜まり今日まで遅れてしまいました。


  異邦人のブログを何時も覗いて頂いている皆様、本日から復帰しましたのでよろしくお願いします。また、エーゲ会の皆様、一緒に愉しい旅が出来ました事この場にてお礼申し上げます。



  さて、ミステリーツアーと題しまして旅に出ましたが、アガサ・クリスティーの小説の舞台となったナイル河流域やオリエント・エキスプレス擬きの列車に乗って旅をして来ました。まずはエジプトのカイロからです。




砂漠とナイルが生んだ奇跡の巨大建造物。ピラミッド&スフィンクス。
c0122445_19521987.jpg



ギザの三大ピラミッド(クフ王、カフラー王、メンカウラー王)のひとつクフ王のピラミッドの中へ入場しました。
c0122445_19545737.jpg



世界遺産の三大ピラミッドを見渡す絶景ポイントから。
c0122445_19563630.jpg



月の砂漠の歌の文句ではないですが、駱駝に乗って古代エジプトのファラオになった気分で・・・・。。
c0122445_19564928.jpg




     《遥かなる 夏の砂漠の ピラミダル》
             〔はるかなる なつのさばくの ぴらみだる〕
[PR]
by ocarina-t | 2009-07-05 20:19 | アフリカ