イバラッキーのK市に在住する「オカリナと山とカメラ」が好きな異邦人の他愛ない日々のあれこれを綴ります♪


by ocarina-t
カレンダー

<   2007年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

シルエット

  夕陽が西の空に沈み、真っ赤に空が燃えた。
シルエットとなって、北アルプス穂高連峰の全容が望めた。
左から、のこぎりの歯のように盛り上がっている山が、西穂高、次に前穂高、奥穂高と一緒になっている。次に、涸沢岳、北穂高岳、その後、ルンゼ(馬の背のように低く切れているところ)ここが、大キレット次に南岳、中岳、そして、天に突き刺すように槍ヶ岳が聳えていた。
こんなに、三千メートルの峰峰の北アルプスが、夕焼けに浮かんで見えた事は、山好きな異邦人にとっては最高の喜びである。
c0122445_550511.jpg





小諸市から撮影した北アルプス
c0122445_695874.jpg







下の写真は、伊豆西海岸での夕陽。鷲か鷹が夕陽に飛行していたのを、夢中でシャッターを切った。
c0122445_6154736.jpg


    《夏の日に 夕陽に仰ぐ シルエット》
[PR]
by ocarina-t | 2007-06-30 06:27 |

可愛い花

c0122445_911930.jpg
  いつもの散歩道に咲いている、可愛い花を紹介します。
ふと見ると目に鮮やかな色。或いは、ほのかに淡い色などが、心を癒してくれます。
c0122445_9135151.jpgc0122445_9141175.jpg





赤いバラや、淡いピンクの入ったバラ、名前は分かりませんが、綺麗な花です。


下の写真は、夏椿(シャラの木)の花です。純白な花は可憐で、清楚な感じを受けます。
c0122445_9162669.jpgc0122445_9195275.jpg





情熱的な赤い、ハイビスカスの花。
c0122445_941565.jpg
  花にも色々ありますよね。山野草のように小さな花。或いは泰山木の花のように大きな花。
よく、畦道に咲いている名もない花・・・・・・等と言いますけど、名もない花など無いですけどねぇ~。もしあったら、大発見ですね。

  あなたは、どのような花が好きですか?・・・・・・ (o^-')b
  異邦人は高山植物で、早池峰薄雪草や北岳草などが好きですね。

      《除虫菊 可憐な花に 身を寄せて》
           〔じょちゅうぎく かれんなはなに みをよせて〕
[PR]
by ocarina-t | 2007-06-29 10:13 | 生活環境

大樹達

c0122445_8135068.jpg
  この世で「自然に勝るものは無し」とでも言いましょうか、この巨大樹を見てください。
異邦人が、気になっている大樹達です。
樹齢約800年?の大欅です。

c0122445_747154.jpg
どうですかこの欅。あまり大きいので、デジカメ広角28ミリの中に入りませんでした。
この欅は、異邦人宅より、40キロ離れた場所に堂々と立てます。
c0122445_8262149.jpg

  また、下の写真は、いつもウォーキングしているコースの中に、ひっそりと立っている木々達です。
c0122445_8225831.jpg  
  
いつも御来光が射し、まるで神が現れて来る様な、そして七本の木々が木洩れ日を浴びて、七つの願い事を叶えてやるよと、言っている様です。



  下の写真は、約1200年経っているとされている大銀杏で、お参りすると乳が出るようになると伝えられている名木です。ここはあの梟のいる森です。
c0122445_8302452.jpg


     《深山寺に 啼き澄める 仏法僧》
          〔みやまじに なきすめる ぶっぽうそう〕
[PR]
by ocarina-t | 2007-06-28 08:54 | 自然

それぞれの山

c0122445_13461824.jpg 
  我が故郷から見た山。或いは一寸その山を東や西から見た山。山はそれぞれの形をして、地域の人々の生活を、黙ってみているようです。また、山の麓から人はその山を見て、どのように思いますか?
異邦人は、こんな風に思いました。・・・・・・・・(^ε^)♪


一人ぼっちの山。             友達が、恋人となって・・・の山。
c0122445_14928.jpgc0122445_1411443.jpg





結婚し、仲良しの山。
c0122445_1416103.jpg

          子供が生まれて、三つの山。
c0122445_14353422.jpg



家族一緒に暮らしている山。
c0122445_14224929.jpg



  異邦人はこんな風にも思ってみました。あなたは、故郷の山を、どう思ったりしますか。



   《紫峰見て 黙して語らん 紫蘭なり》
         〔しほうみて もくしてかたらん しらんなり〕
[PR]
by ocarina-t | 2007-06-27 15:01 |

悠久のロマン

c0122445_11524084.jpg
  いよいよ、我がシティにも、古代蓮が咲き始めました。古代蓮は、いにしえからの贈り物と言われ、地中に深く眠っていたのを掘り起こされ、その実が自然発芽し、蓮の花が行田市に甦り、我がシティにおいても、そのお裾分けを頂き再現されました。まだ咲き始めなので、勢いが無いようですけど、咲くときには、「ポン」と音がするらしいです。
c0122445_1203981.jpg

古代悠久のロマンを偲ばせ、だんだん大きくなり、精一杯咲き広がると、
淡いピンク色した花は、大きいもので40cm以上のものもあります。
c0122445_1231724.jpgc0122445_1233349.jpg

朝、昼、夕と花のグラデーションが違い、公園を散策すると、蓮の美しい桃色の花は、彩りが変わり、人の心を和ませてくれます。


    《夕映えに ロマンを乗せた 大賀蓮》
         〔ゆうばえに ろまんをのせた おおがはす〕
[PR]
by ocarina-t | 2007-06-26 12:30 | 自然

古民家

  c0122445_9264743.jpg
  古民家は今や関東には見当たらなくなっています。鉄腕ダッシュで見るような、田舎暮らしが、近年人気の的となっている中、我がシティにも古民家が、・・・・・・(#⌒∇⌒#)ゞ
c0122445_9272847.jpg

今は、重要文化財となって、市民に開放しています。現在萱葺きの古民家は、新潟や福島でも数少なくなって、日本古来の文化が遠のいている様な気がします。そうは言っても我がハウスを見ても、言えた義理ではないのですが・・・・・・・はい。 (^^;)
でも、古民家は、落ち着きますねぇ~。
c0122445_9342255.jpgc0122445_942582.jpg




一昔までは、このような家が、見られたのですが、いつの間にかなくなってしまいました。
土間や広い縁側があって、土に馴染んでいた庭で鶏や犬と戯れる・・・・・・なんてね。!(^^)!
異邦人って割とワイルドなんです。
c0122445_94008.jpg


    《鬼灯の 幼き提灯 古民家に》
      〔ほおづきの おさなきちょうちん こみんかに〕
[PR]
by ocarina-t | 2007-06-25 09:54 | 生活環境

いつの間に

 わずか1ヶ月も経たないというのに、我が家の前がこんな風に・・・・・・・・?
以前は、蛍も飛び交い、蛙の合唱で、風流なものがありました。
道も畦道と言うか、稲穂が両側にあって、秋などは黄金色に輝き、夕陽が綺麗な里って言うのは一寸オーバーかもしれないが、静かな所でした。
それが・・・・・・・あれ~。
c0122445_1615075.jpg

なによー。広い道が出来て、自宅前は、十字路になってしまいましたよ。 (^_-) (-_-;)
c0122445_1621558.jpg

田畑は造成され、いつの間にか、こんなにさ~あれ~あれ~。 (@_@)
また、あと一ヶ月もすると、家がぼんぼん建ってくるぞー。
こういう風景もまた見られなくなるな~。貴重な写真かもねぇ~。
c0122445_16263538.jpg


    《畦道の 野の草消えて 蛙鳴く》
       〔あぜみちの ののくさきえて かわずなく〕
[PR]
by ocarina-t | 2007-06-24 16:49 | 生活環境

周りを見つめて

  昨日は、『見上げてごらん』で、いろんな物を発見をしました。今日はマンホールって言うか、最後の一つを除いては、防火水槽や消火栓の蓋を見て歩きました。

c0122445_8284096.jpgc0122445_8285836.jpg




c0122445_8293637.jpgc0122445_830287.jpg




c0122445_8315919.jpgc0122445_8321241.jpg




 我がシティと、近隣の町の防火水槽等の蓋ですが、いろんな図柄があって面白いです。人によってはこのマンホールを拓本のように採り、趣味として収集している人がいます。いろいろな物に興味を持つ人がいますが、我が異邦人もその一人かもね~。

   《下闇に 防火槽蓋う 十薬》
     〔したやみに ぼうかそうおおう じゅうやく〕

下闇(暗く見通しの悪いところ)に咲く どくだみ(白い十字架の花)が 防火水槽を蓋っている
[PR]
by ocarina-t | 2007-06-23 09:24 | 生活環境

日本の城

  c0122445_1364059.jpg
富士山に続き、日本人が、比較的好意に思っているものに「お城」が在ります。現存しているお城が12城ある中で7城まで行きましたが、行くと必ず写真に収めます。その外、復元等をして現在あるお城は70くらい在るそうですが、そういうものを含めると30のお城は行ったと思いまが、城下町に住んでいる人達は、そのお城が公園になったり、森や博物館になったりしていて、富士山と同じように、城を見て凛々しく生活をしていて、生活の一部に溶け込んでいるように思います。そんなお城を写真に収めてありましたので、見てください。
  大阪城
c0122445_1058233.jpg

小田原城
c0122445_10592415.jpg
         越前O市は、我がシティと姉妹
         都市になっている 大野城
c0122445_110614.jpg




名古屋城
c0122445_1113086.jpg
                 江戸城
c0122445_1131210.jpg



白河(小峰)城
c0122445_11201598.jpg
三大名城とは、大阪城・名古屋城・熊本城を指すらしいのですが、
現在は一般的には、姫路城・松本城・熊本城を言っているようです。

我がシティにもお城はあったのですが、現在は城跡となり、南総里見八犬伝にも登場する、有名なお城でもあったのです。 (*^_^*)
城跡や館、土塁等を含め数えると、城と言うのは2万5千にも及ぶと言われています。

          金沢城
c0122445_11153598.jpg


《木天蓼に 石垣蒼く 目に染みる》
     〔またたびに いしがきあおく めにしみる〕

石垣が苔生(む)して蒼く、自生した木天蓼(またたび)の葉先が、白く光り遠くからでも目に入る。
[PR]
by ocarina-t | 2007-06-20 12:04 |

富士の白雪

 富士の高嶺に降る雪も 京都先斗町に降る雪も 雪に変わりはないじゃなし 解けて流れりゃ皆同じ・・・・・・・って言う歌がありましたけど、かなり古いですね。
以前、職場の旅行で、富士山をぐる~っと一周した事がありました。しかし、富士山は何処から見ても同じその雄姿を現し、日本人として誇りを持てるような気がします。
その富士山を、いろいろな方角から、カメラに収めたのがありましたので見てください。

          三島から眺めた富士
c0122445_1147557.jpg

  機上から富士山をカメラに収めました。
c0122445_1148919.jpg
            西伊豆の雲見からの富士
c0122445_11502715.jpg





物の本にありましたが、日本人として富士山を一度も登った事のない人は、愚かだと。
二度登った人は、もっと愚かだと。
三度以上登った人は、獣だ・・・・・・・と。 このように書いてあった本がありました。
異邦人は、三度登りましたので、獣です。(。>0<。) ガオ~
獣でも、どういった獣なんでしょうねぇ~。解りません。

でもね、本当に綺麗な富士山を見たときには、手を合わせたくなるのは、異邦人だけなのだろうか・・・・・・゜゜゜゜゜-y(^。^)。o0○
勇気を与えてくれる様な気がするんですけど。

            逆さ富士が映った山中湖
c0122445_11525155.jpg


《旅の湯に 柚の花匂う 逆さ富士》
    〔たびのゆに ゆのはなにおう さかさふじ〕

旅先で 柚子の花の香がするお風呂に入るや 富士山が水面に映える
[PR]
by ocarina-t | 2007-06-19 12:44 |