イバラッキーのK市に在住する「オカリナと山とカメラ」が好きな異邦人の他愛ない日々のあれこれを綴ります♪


by ocarina-t
カレンダー

<   2008年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧


  我がシティでは、「人と環境に優しい」市内循環バスなるものを運行していましたが、その後改正され3年前再び運行されることになりました。何故「人と環境に優しい」か、と言いますと出来るだけマイカーを避け、排出ガスを出さない。マイカーの無いお年よりや子供にも安心して乗れる事を願って、3コースに分け公共施設や病院などを循環するバスです。


異邦人は、今までこの《ぐるりん号》には乗ったことがありませんでしたが、駅を降り丁度我が家へ行く南行きのバスがあったので乗ってみました。
c0122445_1648582.jpg

乗ってみて思いました。近年、気候変動や人類のもたらす環境の変動により、地球温暖化が叫ばれている今日、人為的な温室効果ガス、なかでもCO2(二酸化炭素)やメタンなどの影響が大きいと言われ、車の排気ガスを幾らかでも少なくする為、住民一人ひとり考えなければならないと思っています。

c0122445_16491338.jpgc0122445_16492462.jpg








異邦人の乗るバスは、南コース。K駅~K市役所~K総合公園~福祉の森~けやき平などで、我が家の直ぐ側がバスストップです。その他駅東や雀神社の西コースがあり、原則としてはK市内の住民なら誰でも利用可能ですが、観光客や仕事で来た方も乗るといいと思います。
c0122445_16493950.jpg

以前は、住民に配布した利用カードが必要でしたが、現在では誰でも自由に無料で利用できるので、多少時間は懸かりますがお急ぎで無い方は乗ることをお勧めしたいです。
c0122445_1649494.jpg

住民一家族に配布された利用カードですが、現在は必要なしです。がもっと環境に優しい電気自動車などのエコカーとなる事を期待しています。EUではカーボンマネージメントを主張し、既にCO2排出権取引を打ち出しています。日本も国民一人ひとりが真剣に対応をしなければならないと思っています。
c0122445_17543574.jpg



     《CO2 数値目標 秋サミット》
       〔しいおうつー すうちもくひょう あきさみっと〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-01-31 18:29 | 生活環境
  
  世界の中で日本が恥だという事ではなく、異邦人が学校で習った時は、どの世界地図も日本は真ん中に位置し、日付変更線があって右がアメリカ大陸、左がヨーロッパとなっていた。
今の学生達はどのように学んでいるのだろうか。



異邦人が学生の時に学んだ世界地図。(随分古いですけど我が家に保存してありました。)
c0122445_17365873.jpg


アメリカでは、アメリカ大陸が中心に描かれて、日本は左に位置している。また、オーストラリアの世界地図では、南極大陸とオーストラリアが上にあり、日本は北海道が下で逆さに描かれているものもあるそうです。どの国でも世界地図は、自国が中心に描かれているのでしょうか。
c0122445_17371430.gif


異邦人がアマチュア無線をやるようになって見た地図が、日本は右の端にある。(ヨーロッパの世界地図と同じ。)
本題で「日本は世界のハジ」のハジは関東の訛で、本来ハシ(端)なんですね。話題性により用いましたが・・・
c0122445_17372549.jpg



   《初春に 世界をめぐる 地図の旅》
        〔はつはるに せかいをめぐる ちずのたび〕 
[PR]
by ocarina-t | 2008-01-30 18:42 | 生活環境
  

  今から4年前の3月、東京○○スキー中央大会が開催され、部局を代表して異邦人が参加することになりました。場所は新潟県魚沼市(旧守門村)の須坂スキー場です。参加者は総勢43名アルペンスキーのスラローム(回転)大会で、競技方法は全日本スキー連盟競技規則に準じて実施した。


本格的なアルペンスキーの大会に参加するのは初めてなので、緊張の中横断幕の前で記念写真を撮る。
c0122445_2155269.jpg

スタートは、40秒間隔で出発合図音での3秒のアロアランスを認める。
10秒、5、4、3、2、1秒ピッピッピーポッポッポープ~ン。スタート。
c0122445_2161253.jpg
いよいよスタート。斜度40度を落ちるように滑り降りてゆく。右へ曲がって第一関門を難なくクリアー左へ切って第二関門とスピードを落とさずダッシュ。ゴール前68旗の関門をクリアーする際、ポール脇のアイスバーンとなった雪にエッジが食い込みバランスを崩すも低姿勢に仰いでフィニッシュ。
標高差220m、最高斜度40度、長さ1,500mのアルペンスキースラローム大会でした。


(写真左)スタート前の旗門や雪質とコース等の確認。(写真右)ロスはあったものの2回滑り込んで第四位に食い込んだ。この大会でグラスファイバーかカービングスキーの板にするか迷っていたが、前者で参加したものの、現在ではオリンピック選手などもカービングのスキーを使用している。これ以来、異邦人もカービングスキーにした。
c0122445_2162856.jpgc0122445_2164946.jpg






毎年日本中のスキー場で購入し、いつの間にか集まったスキーリフト券。
c0122445_217109.jpg




《粉雪に シュプール描き チャレンジャー》
     〔こなゆきに しゅぷーるえがき ちゃれんじゃー〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-01-29 21:46 | スポーツ
  〔3,000mからの眺め=白馬岳〕


  茜色に染まり富士山がシルエットとなって浮かび上がってきました。左に八ヶ岳、右に南アルプスを従え、雄々しさが目に映る。

手前の雲海は、まさに入り江に波が押し寄せて引いて行くさざ波の様に白く押し寄せている。これは朝方白馬岳(2,932m)からの雄大な眺めです。

この写真は、異邦人が白馬岳に単独登山した時の一枚の写真です。
c0122445_15592575.jpg


雲海の上に出ると山岳写真などではなくてはならない雲なんです。雲によって写真の変化が表れ随分違った印象が表現できます。

そんな訳で、異邦人は雲が好きなんです。常に飛行機に乗っている人は、出入りに困るので通路口の席をとると言いますが、異邦人は機上ではいつも好んで、窓際に席を取ります。雲を見ているだけでいろいろなイメージが湧き起こり、空想に耽る事も出来ます。それは雲の上に載った孫悟空の気分も味わえます。

地上にいる時は、雲はあまり歓迎されないが、ヒコーキ雲やウロコ雲、入道雲など等見ているだけでも面白いです。3,000mの風は雲の遥か上にあり、地上では絶対見ることの出来ない風景を教えてくれます。


   《雲海の 波押し寄せる 富士の裾》
        〔うんかいの なみおしよせる ふじのすそ〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-01-28 17:12 | 自然
  今日、異邦人の親戚である練馬区の大泉学園に行ったところ、樹林公園では一足早く3分咲きの紅梅がほころび、例年と比べると1週間ほど早いそうです。


「日本一早咲きの梅」として熱海梅園でも、4分咲きに人気が集まっているそうですが、ここ東京でも一足早い春の香りを味わう事が出来ました。
c0122445_21584868.jpg

森林公園の2本のこの紅梅は、若い木ではありますが色といい香りといい人気のある紅梅だそうです。
c0122445_2159056.jpg

紅梅は白梅よりも普通幾分遅く咲くらしいのですが、目出度い慶木として観るには、向かって左に白梅、右に紅梅を植えるのが良いらしいです。
c0122445_21591933.jpg




    《紅梅や 控えめに咲き 風匂う》
        〔こうばいや ひかえめにさき かぜにほう〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-01-27 22:32 | 自然
   御多聞に漏れず、最近開館した鉄道博物館へ行ってきました。今日は土曜日とあってかなりの混雑が予想されたので、開業時間そうそう入館出来るよう早めにJR宇都宮線に乗り込みました。


我がシティから30分で、さいたま市大宮区の大宮駅に着き、東北・上越新幹線に沿って高架を走るニューシャトルで約3分。1区間目の大成駅下車徒歩1分で、・・・・・・・ありました鉄道博物館が。



7100形蒸気機関車1880年製造の「弁慶号」
c0122445_20175346.jpg鉄道博物館は昨年10月14日鉄道の日を記念して開館した大きな建造物だ。ゾーン別に展示してあり
1Fはヒストリーゾーンで車輌の展示。
2Fはラーニングゾーン&コレクションゾーンの動力の仕組みやブレーキなど鉄道の技術が学習できるエリアです。
3Fは実際の部品や模型などを使って体験学習が出来るところで、ビューデッキからは、迫力あるアングルで真横を走る新幹線を見ることが出来る。
RFはパノラマデッキとなっていて、地上25mの展望があり新幹線、在来線、ニューシャトルなどが一望出来ます。


(写真左)ニューシャトルを降りて鉄道博物館に入る歩道には、鉄道時刻表が描かれている。(写真右)ナハネフ22形式客車1964年製造国産初の寝台特急用客車「あさかぜ」 
c0122445_20473333.jpgc0122445_20475085.jpg










改札口を抜け右に行くと、かつて日本中を走り一世を風靡した数多くの旧電車や汽車などが展示してある。
c0122445_2053399.jpg



(写真左)機関士になったつもりで電車を運転し、シュミレーションでその実感を味わう事が出来る。(写真右)駅弁を購入して電車に乗り、昼食等も出来るから実際旅に行った様な気分も味わえる。
c0122445_2161627.jpgc0122445_2163186.jpg








休憩スペースのフレンドレートレインと無料でノースウィングとパークゾーンを結ぶミニ「はやて号」だ。その他、ミュージアムショップやレストランもあるので、鉄道マニアでなくても一日が楽しく遊べる。
c0122445_21133943.jpg



    《今昔や 正月帰省の 車窓富士》
       〔こんじゃくや しょうがつきせいの しゃそうふじ〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-01-26 22:03 | 娯楽
  〔白鳥の湖=菅生沼〕



  今月の15日16日(244~245回)両日に亘って、《白鳥の湖》と言う事で菅生沼のコハクチョウを掲載しましたが、その時に今非常に貴重となっている水鳥「ヘラサギ」を撮影することが出来ました。異邦人もこの「ヘラサギ」については良く知りませんでしたので、勉強してから掲載しようと今日に至りました。


「へらさぎ」はコウノトリ目トキ科に分類される鳥類の一種だそうです。鷺の仲間に似ていますが、その名前の由来もスプーンのような大きな口ばしが特徴で魚、カエル、カニなどを食べ、ユーラシア大陸とアフリカ大陸に点在しているそうです。


日本で見るにはツル渡来地である鹿児島県の出水に、冬鳥として飛来するそうですが、最近迷い鳥として関東地方にも飛来が観測されているそうです。
c0122445_1211228.jpg

異邦人が行ったその日には、コハクチョウを撮って帰ろうと思っていました。ところが他のカメラマンに「ヘラサギ」がこの菅生沼にいると聞いて待つこと約3時間。やっと飛んで来ました。
c0122445_12115742.jpg

最初は対面岸の遠くで遊んでいましたが、生憎、何処かへ飛んでいってしまいました。が、数分して戻ってきました。それも異邦人のいる直ぐ傍まで・・・・
c0122445_12123461.jpg

チャンスチャンスとばかり異邦人を含めカメラマン達は夢中でカメラのシャッターを切りました。脇から後ろ姿まで見せてくれました。口ばしの格好が良く分かります。
c0122445_1212532.jpg

「ヘラサギ」は人を恐れる事もせず、愛嬌良くだんだん近づきシャッター音にも知らん振り。カメラのシャッターを消音する事も出来るのですが、そんな時間が無いとばかりバシャバシャバシャっと一斉にシャッター音での連写。
c0122445_12132981.jpg

水の中に口ばしを入れ、左右に顔を振りながら餌を獲る仕草は何んとも面白いです。
c0122445_12135491.jpg

カメラマン達の前を横切り、浅瀬に佇む姿を撮ろうとシャッターは鳴り止まなかった。この日の朝、早起きしていった甲斐があって満足のいく写真撮影でした。
c0122445_12142261.jpg



  《珍鳥に 白鳥余所に シャッター音》
      〔ちんちょうに はくちょうよそに しゃったーおん〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-01-25 13:24 | 自然
  
  スキーに行ってきました

  尾瀬岩鞍高原は、四季のうつろいを感じさせ、雄大な自然に戯れる事が出来ます。その中でも異邦人の仲間は毎年この尾瀬岩鞍をホームゲレンデとしているのは、初級~上級までのコースが豊富でゴンドラスーパーウェイで山頂まで行き、ミルキーウェイ2,800mをはじめエキスパートコース斜度40度というきわめて難しいコースもあり、スキーヤーには最高に面白いコースがあるからです。また、麓の片品温泉郷ではスキーで疲れた体をいで湯の里で癒し、心身ともにリフレッシュのリゾートが気に入っています。


武尊山(ほたかさん)2,158mをバックに記念写真。平日とあってゲレンデも閑散としている。遠く富士山、八ヶ岳や至仏山(しふつさん)、皇海山(すかいさん)も望む事が出来る。(写真右が異邦人で~す。)
c0122445_21305028.jpg


アルプ中腹のコースでビールで乾杯。スキーで一汗かいた一杯のビールは格別だ。国体男子コースや女子コースもあり、ギュッギュッと締まる雪質を、シュプールを描いて滑りまくるスラロームはスキーの醍醐味です。異邦人は数年前からカービングスキーで、ゲレンデを思う存分滑り、絶景の雪山を楽しむ。
c0122445_213156.jpgc0122445_21313196.jpg
c0122445_21315837.jpg


リーゼンコースの脇にはスノボーにも喜ばれるクロスコースが1月22日オープンした。ここがスタート地点だ。
c0122445_21322825.jpg


チャンピオンコースは誰もいない異邦人達の独占コースだ。地元の人達なのだろうか、山の中腹では「かまくら」など造り、家族らの遊び場となっていた。
c0122445_21544623.jpgc0122445_2159275.jpg

c0122445_223824.jpg







ゲレンデの麓の広場では、日光白根山(左側)2,576mがひと際目立って陽が当り白銀に輝いていた。4日間夕暮れ近くまでスキーを思う存分滑り、風を切るその快感を満喫した。
c0122445_225146.jpg




 《シーハイルいで湯で癒すスキーヤー》
        〔しーはいる いでゆでいやす すきーやー〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-01-24 00:00 | スポーツ
   

c0122445_11465965.jpg冬休みの有給休暇をとって、悪友達が集まって恒例のスキーに行って来ますので、ネットサーフィンは23日まで休みます。


異邦人のブログを覗いた方よろしくね。     :*:・( ̄∀ ̄)・:*: 





  《処女雪に スキーは招くよ 銀世界》 
       〔しょじょゆきに すきーはまねくよ ぎんせかい〕 
[PR]
by ocarina-t | 2008-01-20 12:18 | スポーツ

祝賀会・・・(247)

  昨日午後からつくばシティで、ある人の藍綬褒章受賞祝賀会がありました。同慶関係者が大勢駈けつけ盛大に開催された。


何と関係機関や地域の方、親戚等総勢178名により賑やかに慶祝の宴がありました。
c0122445_2320286.jpg


祝賀会途中で、何やらオメデタイお囃子が入ってきました。
c0122445_2320337.jpg
c0122445_23204826.jpg


良く見ると「神田囃子深川流三代目」たるものが、来福を配りお獅子等の踊りで、滅多に見られないお囃子が披露され、これは正月から縁起が良いとばかりの祝賀会でした。
c0122445_2321052.jpg



      《一月や 来福囃子 慶祝宴》
       〔いちがつや らいふくばやし けいしゅくえん〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-01-20 10:18 | 仲間