「ほっ」と。キャンペーン

イバラッキーのK市に在住する「オカリナと山とカメラ」が好きな異邦人の他愛ない日々のあれこれを綴ります♪


by ocarina-t
カレンダー

<   2008年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧



  結婚記念日に、大洗温泉宿として職場からの助成券が配布されましたので、ホテル鷗松亭(おうしょうてい)に行き、美味しい料理を食べ日頃の疲れを癒して来ました。


大洗は近いので、ゆっくりのんびりの日程を組むことにしました。コースはマイカーで2日間エンジョイするため、真岡~益子~緒川~御前山~水戸~大洗~笠間~真壁と廻って来ました。その中で、最後に尋ねた桜川市(旧真壁町)では、ひな祭りが開催されていましたので紹介します。


c0122445_17401567.jpgこのひな祭りは、お雛様を通して「和の文化・和む心・人の和」が広がる事を願って「和の風」と名前をつけて、蔵の街真壁のひな祭りが始まったそうです。


丁度、笠間から車で帰宅する際、真壁を通るとカメラを持った人たちが平日にもかかわらず沢山いましたので寄ってみることにしました。




街の商店街や一般家庭でもお雛様を飾って、観光客の目を楽しませている。その中(真壁のひな祭り)で、最も古いとされているお雛様。
c0122445_1755376.jpg



江戸末期~明治~大正~昭和の建造物郡を残す桜井市(旧真壁地区)は、国の登録有形文化財制度を活用し、104棟の登録を受けているそうです。
c0122445_1805689.jpgc0122445_1813085.jpg








吊るし雛などもある。吊るし雛は元来伊豆地方でお雛様の左右に飾ったようですが近年はいたるところでも見られるようになりました。
c0122445_1825185.jpg




     《古き街 和む心の ひな祭り》
        〔ふるきまち なごむこころの ひなまつり〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-02-29 17:54 | 生活環境


  先日の土日に房総へ行きました。鎌倉の親戚の家へ寄ってから行きましたので、横浜ベイブリッジから東京湾アクアラインを通って千倉のお花畑へ・・・・・・・  

海ほたるから千葉方面を望む。
c0122445_1831284.jpg

海上に浮かぶ光という事で「海ほたる」となったそうです。アクアラインの川崎人工島(風の塔)と並んで2番目の人工島で、正式名称は「木更津人工島」だそうです。


(写真左)アミューズメントコーナー脇のデッキ。(写真右)海ほたるから木更津へ向かうアクアライン。
c0122445_18443469.jpgc0122445_18503075.jpg







菜の花畑も満開。もうすっかり房総は春でした。
c0122445_1919139.jpgc0122445_1919175.jpg







南房総千倉の海岸ロードには、潮騒とポピー、ストック、キンセンカなどのお花畑で、春の香りが満載でした。
c0122445_1921073.jpg



     《潮風や 寒さ忘れて 金盞花》
        〔しおかぜや さむさわすれて きんせんか〕




  異邦人のブログを覗いて頂いてる皆さんへ・・・・・・
       2月28日は、異邦人の結婚記念日なので、
                  28日~29日のブログは休みます。
[PR]
by ocarina-t | 2008-02-27 20:02 |


  先日、栃木県小山市にある≪いちごの里≫へ行ってきました。旬の「いちご」を摘んで、その場で美味しい「いちご」を時間いっぱいの食べ放題。いちご畑で、完熟してある「とちおとめ」を食べてきました。



「いちご」と新鮮な野菜やフルーツを使った生のアイスクリームも美味しかったです。「いちご」でこんなに腹いっぱい食べたのは初めてでした。
c0122445_14163359.jpg


150棟ものハウス内で、完熟「とちおとめ」のいちご狩りは、そこらじゅういっぱい甘いフルーツの香り。
c0122445_1418280.jpgc0122445_14184877.jpg







直売所ベリー・ベリー・マルシェでは、洋菓子の修行を積んだパティシェが作る採れたて「いちご」のタルト・シュークリームも人気がありました。このいちご狩りは前もって予約が必要でしたが、その予約者や毎年来ている常連客などでいっぱいでした。また、ここだけのいちごワインやいちごビネガーなども好評でした。
c0122445_14212594.jpgc0122445_14213556.jpg








 《もうひとつ 腹も身のうち いちご狩り》
         〔もうひとつ はらもみのうち いちごがり〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-02-26 18:54 |


  異邦人の仲間たちには「117会」と言うのがあります。そもそも単純な名前の付け方ですが、単なる平成11年に7人が揃った会なので、忘れないようにと「117会=いいな会」と異邦人が命名しました。


その117会(女性含む)の仲間たちは、今までに海外旅行や夏山登山、スキーなど年に一度は、日本国内に散らばっているメンバーが集います。

c0122445_164918.jpg
c0122445_16495287.jpg

真夏の夜には、屋形船でお台場での夕涼みなど。
c0122445_16503181.jpg
c0122445_16504624.jpg

真冬には、毎年スキーは欠かさず集っていますが、この時は、ここ上越国際スキー場が仲間たちのリゾートステージとなりました。北欧調ホテルのロマンチックな赤い三角屋根の建築様式と広大なゲレンデに、最大斜度38度を誇る変化に富んだパノラマコースが、最高でした。
c0122445_16561745.jpg

この上越国際スキー場は、4月上旬までスキーは楽しめる。
c0122445_16585149.jpg
c0122445_1659636.jpg

いやぁ~仲間ってホンとにいいなぁ~。
人生エンジョイしてま~す。



     《掌に 集う仲間の 暖かさ》
       〔てのひらに つどうなかまの あたたかさ〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-02-22 17:54 | 仲間


  稜線歩きをしていると、その雪渓の縁や雪田の消えたくぼ地などに、ピンクや白、黄色などの花で覆われたアルパイン・メドウなどと呼ばれる草原を作り「湿性お花畑」の出現に出会えることがある。



雪渓の向こう側には、今来た稜線が雲間に浮いている。空気も美味しく、風もなく雲がぽっかり浮かび、短い夏の長閑な陽射しの中、北アルプス3,000m級山稜の眺めです。
c0122445_15441539.jpg

タカネシオガマとヒナザクラ。主に雪田に群落を作る花々だ。
c0122445_15443342.jpg

ミヤマハナシノブ。白馬山塊と南アルプスの北岳付近にだけ知られる稀産種です。
c0122445_1544472.jpg

ミヤママンネングサ。日本各地の山地の岩上などに群生する。
c0122445_15451173.jpg

クモマミミナグサ。白馬岳など北アルプス北部の特産種。
c0122445_1545407.jpg

ハクサンフウロ。高原の夏を飾る多年草の花。
c0122445_15455777.jpg

コイワカガミ。日本各地の高山に分布している代表的な高山植物。
c0122445_15461049.jpg



   《身をちじめ 生き抜く花の 夏雪渓》
        〔みをちじめ いきぬくはなの なつせっけい〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-02-21 16:35 | 自然


  山から下界に下りて、疲れて汗まみれた身体を温泉に浸かるその瞬間は、何と極楽の事かと思います。また、それと同じ様に山で一人歩きをしていると、風雪に耐え意地らしい花々がそよ風に靡く姿は、登山者をどんなに勇気付ける事だろうか。

白馬岳に咲き、下界では普段見ることの出来ないお花畑やその可憐な花々です。
c0122445_17511271.jpg

ミヤマキンパイ。我が国の代表的なお花畑の花です。
c0122445_17514611.jpg

シロウマオウギ。
c0122445_1751592.jpg

ハクサンフウロ。
c0122445_17523290.jpg

コマクサ。高山植物の女王。
c0122445_1752444.jpg

タカネナデシコ。
c0122445_1756820.jpg

ミヤマキンポウゲ、クルマユリ、テガタチドリ、イブキジャコウソウなど雪原の傍にお花畑が咲き誇り、ロマンチックな光景に出遭う事がある。
c0122445_1756336.jpg



      《雪残る 夏山に咲く 花畑》
        〔ゆきのこる やつやまにさく はなばたけ〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-02-20 18:41 | 自然

野鳥・・・(274)

  
  野鳥には、あまり関心もなく気にも留めていなかったのですが、先日S市に住まいの野鳥の達人こと、ガマさんより白鳥が飛来している菅生沼で、白鳥やヘラサギを撮影して以来だんだん関心を持ちはじめたので、今回また野鳥を撮ってみました。

ルリビタキ(オス) カメラに撮る為、3時間くらい紅梅の木の近くで待っていました。綺麗な羽根の色といい、ひょうきんな顔をして警戒心のない様子は可愛いです。
c0122445_14563553.jpg

野鳥は事は、良く分かりません。この鳥は多分ツグミかな~と思います。
c0122445_14565526.jpg

c0122445_1457144.jpgこちらはジョウビタキ(オス)だと思います。
遠くにいたのを発見。望遠レンズ撮りました。
野鳥は常に動いていますので、撮影のチャンスが難しいです。
まだ勉強不足で野鳥の種類までは分かっていません。似ているような野鳥が沢山いるので図鑑を見てもハッキリした事は分かりませんでした。これから勉強したいと思います。

下の写真の鳥も、ジョウビタキのメスかモズかは分かりません。何方か異邦人のブログを覗いて分かっている方は教えて下さい。
c0122445_14573496.jpg



    《紅梅や 野鳥を誘う 香りかな》
        〔こうばいや やちょうをさそう かおりかな〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-02-19 17:00 | 娯楽

飛行機・・・(273)


  1999年~2001年にかけて、仕事で港区虎ノ門に派遣となり、異邦人にとってこれほど飛行機に乗ったことはない。今思えばハードでしたが、楽しい思いでともなっています。



下の写真はANAの無料壁紙より
c0122445_16333838.jpg

小さい頃から飛行機のプラモデル等が好きでしたので、出張帰りにターミナルで買うこともあり、いつの間にか50機ほどの飛行機が集まってしまいました。
c0122445_16384440.jpgc0122445_16385920.jpg







ひと月に3~4回は飛行機で、後の3回は新幹線での出張でしたので、マイルも結構貯まっちゃいました。
c0122445_1639466.jpg

別に航空券を集めるつもりではなかったのですが、机の中を整理したらこんなにありました。
c0122445_16401611.jpg

下の写真はJALの無料壁紙より
c0122445_16404766.jpg




     《春嶺に まけじと銀の 翼なり》
        〔しゅんれいに まけじとぎんの つばさなり〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-02-18 17:27 | 趣味

  「東京マラソン2008」が今日開催された。第一回の東京マラソンは、2007.2.18.に開催されましたが申し込みは出来なかったので、今年こそはと思い申し込みをしましたが、生憎抽選で漏れました。でも、一緒に申し込みをした友人は当選をしたので、応援に行って来ました。


東京都庁を9時10分にスタートしてから10分経過してもこのとおり、ランナーの姿は途切れない。
c0122445_15241447.jpg


今日のマラソンは15万6千人の応募があり、抽選で3万3千人が当選し、真冬の東京が熱くなった。30分経過しても、まだ新宿ではこのランナーで道路が埋め尽くされていた。
c0122445_15243173.jpg


異邦人は、沿道の声援がいかに勇気付けられるかが分かるので、応援をしましたが、友人の姿はこの人数の中、何処にいるか見つからない。諦めてただ多くのランナーに応援をした。給水所などは、ボランティアでの応援だ。
c0122445_152459100.jpgc0122445_15251081.jpg







異邦人も、新宿から1時間半で銀座まで応援しながら来てしまった。銀座から浅草へ向かうランナーを尻目に、既にトップランナーは折り返し銀座を走って来ていた。
c0122445_15254211.jpgc0122445_15261250.jpg







歌舞伎座前での応援をするも、トップランナーはフィニッシュに入っているようだ。〔写真右〕手袋と毛糸の帽子は昨年異邦人が記念グッズとして購入して、今日まで使用しているものだが、以外の物は今日無料で支給された。「東京マラソン」が日本人の心を一つにした日本最大のマラソンだ。トップランナーはビクトル・ロスリン氏(スイス)2時間7分23秒だそうです。
c0122445_1526409.jpgc0122445_15265830.jpg








  《ランナーに 熱き思いの 冬の首都》
        〔らんなーに あつきおもいの ふゆのしゅと〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-02-17 16:22 | スポーツ

早春賦・・・(271)

  春は名のみの 風の寒さや
      谷の鶯 歌は思えど・・・



c0122445_14244239.jpg春うらら・・・
今日から筑波山の中腹にある梅林で、梅祭りが3月20日まで開催される。

異邦人はひと足先にその梅林に行き早春を味わって来ました。


異邦人が5歳の頃幼稚園児の時に、母に連れられ始めて山へ登ったのが筑波山でした。それ以来、こどもの日などは必ずと言ってもよいくらい筑波山へ登っていました。それが講じて山好きになったのかも知れませんね。


c0122445_14285338.jpgc0122445_1429880.jpg梅祭りが始まる前でしたので、人影は無く閑散としていていましたが、早咲きの梅の花が綺麗に咲いていました。中腹からは空気が澄んでいた事もあって、11時だと言うのに富士山は霞んではいましたが、望む事が出来ました。



愛らしい紅梅の匂いが辺りを漂わせ、まるで異邦人の家の庭のように自由に散策できました。
c0122445_1441232.jpg




c0122445_14444627.jpg野鳥が甘い香りに誘われてやって来ていました。
異邦人を誘うかのように、次の花へと導いてくれてもいるように綺麗に咲いた花の木へと下から上へ啼きながら、早く来てとばかりに合図しているようです。



目出度く、白梅と紅梅の花が咲き、早くも春ですね。
c0122445_14465329.jpg




梅林の山腹には東屋があってくつろぐ場所となっている。
c0122445_14544967.jpg




桜にも似た淡く小さな花びらは、何とも言えない香りとその雰囲気が、異邦人の気持ちをホッとさせ、ひと足早い春を感じさせてくれました。
c0122445_14591094.jpg



   《咲きながら 梅が香りの 筑波山》
        〔さきながら うめがかおりの つくばやま〕
[PR]
by ocarina-t | 2008-02-16 15:19 | 自然