イバラッキーのK市に在住する「オカリナと山とカメラ」が好きな異邦人の他愛ない日々のあれこれを綴ります♪


by ocarina-t
カレンダー

<   2009年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧


  月下美人にも似た大きさの花をつけ、その花を楽しむことも出来るという「ドラゴンフルーツ」。サボテン科の果実だそうで、ピタヤの一品種の商品名だそうですが、南国沖縄のお土産として旅たび頂きました。




見た目のインパクトが強く、控えめに食すると・・・・・。。
c0122445_1753535.jpg



このドラゴンフルーツは、ホワイトドラゴンとレッドドラゴンの果実があるそうです。これは白の果実ですが、これが何んと思いのほかキウイフルーツのような食感で、スイカを食べているようでサッパリしているのは驚きです。
c0122445_17542498.jpg




      
      《ドラクエ ば  南の国に 心飛び》

             〔どらくえ ば みなみのくにに こころとび〕
[PR]
by ocarina-t | 2009-09-30 18:11 |

  先日、我がシティで近隣の市町村から和太鼓の保存会などが集い『日本の音』として、第13回のフェステバルが開催されました。



我がシティでは、小学生から大人までの幅広い年齢構成で35名の会員がいます。演奏曲目は「芙蓉峰に捧ぐ」など4曲を一生懸命常日頃の練習成果を披露していました。
c0122445_2061888.jpg


隣の栃木県から下野太鼓のチームは、「祝太鼓」をはじめ他2曲を披露。福祉活動などにも参加しています。
c0122445_2062592.jpg


夕暮れの市庁舎スペースUでの広場で、地響きと篝火の幻想の中、否応なく一気に盛り上がります。                     岩井将門太鼓愛好会の「将門太鼓」c0122445_2063853.jpgc0122445_206549.jpg









太鼓塾:三八稽(みやこ)は、日本伝統芸能である和太鼓を通して、子供や教育を高める創作太鼓集団です。曲目「JangWara=じゃんがわら」など他3曲披露。
c0122445_2071210.jpg


それぞれ郷土を元気に福祉や地域の祭典などで活躍。「和太鼓で感動させる魅せる太鼓」を目指して頑張っているようです。
c0122445_2072043.jpg




       《秋の夜に 虫驚きの 太鼓かな》

             〔あきのよに むしおどろきの たいこかな〕
[PR]
by ocarina-t | 2009-09-29 20:54 | 娯楽

  ~ 那須岳(なすだけ) ~


c0122445_16194261.jpg  今年は例年になく確かに山での紅葉は一週間近く早いようです。

9月26日の安達太良山の紅葉を満喫した異邦人ですが、これでは素晴らしい紅葉は見られなくなると思い、引き続き27日も異邦人の取って置きの紅葉の場所へと行って来ました。




曇っていたので山行きはためらっていましたが、行くことに決心しました。山頂付近はガスでこのとおりです。                        〔クリックして見て下さい〕
c0122445_16202087.jpg


でも、幻想的でこのような天候でも山行きはいいですね。この山は何度も登り知っているので、遅く出て来た分紅葉の穴場へまっしぐらです。
c0122445_16203333.jpg


      ガスの煙る中、リンドウも優しく出迎えてくれました。
c0122445_16205957.jpg


尾根伝いに草紅葉など黄葉した草木も綺麗です。
c0122445_16211690.jpg


やがて、茶臼岳を捲いて牛ヶ首の山稜を越へ、谷へ降りるように姥ヶ平へ向かうと。
うわ~っと思わず声を上げてしまいました。
c0122445_16214740.jpg


素晴らしい紅葉のトンネルです。山を愛す者だけが独り占め出来るこの眺めです。
c0122445_16215985.jpg


幻想的な紅葉の中、晴れていればもっと色鮮やかで山全体の素晴らしい紅葉が撮れたのではないかと思いました。
c0122445_16221383.jpg




      《奥山に 踏み入れて知る 錦かな》

              〔おくやまに ふみいれてしる にしきかな〕
[PR]
by ocarina-t | 2009-09-28 17:34 | 自然

  ~ 安達太良山(あだたらさん) ~


  日本百名山でもある二つの山を、安達太良山9月26日(土)と那須岳9月27日(日)に登り、例年より一週間早い紅葉を満喫して来ましたので紹介します。


9月26日(土)安達太良山を昨日、時より陽射しがある中を友人と二人で登りました。万葉集に出てくる最北端の山として四季折々の景観を見せてくれますが、思っても見なかった紅葉が見事に彩り最高の山行が出来ました。




全山が紅葉と草紅葉が覆っていました。            〔クリックして見て下さい〕
c0122445_2032528.jpg


標高1,700mの安達太良山は、智恵子抄でも有名ですが紅葉も素晴らしいです。
c0122445_2033826.jpg


草木も生えず荒涼とした風景の沼ノ平火口。
c0122445_20332558.jpg


鉄山からくろがね小屋へ向かう途中の紅葉。
c0122445_20333373.jpg


この紅葉を見ながらのおにぎりは美味しかったぁ~。
c0122445_20335611.jpg


くろがね小屋を後に。
c0122445_20341535.jpg


あだたら渓谷自然遊歩道へ続く道の黄葉。
c0122445_20342763.jpg




       《艶やかに 紅葉の錦 忘れ路や》

             〔あでやかに もみじのにしき わすれじや〕
[PR]
by ocarina-t | 2009-09-27 21:19 | 自然

  今日は気温が30度近くあって、少し動くと汗ばむような日でした。でも窓から入ってくる風は心地良く、気分も爽やかなので、心太を食べるような気候だったので、心太が食べたいねって言ったら、家の神さんが餡蜜と心太を作ってくれました。


テングサ
c0122445_1721384.jpg






c0122445_17222386.jpg

         テングサを茹でて煮溶かし、布で濾す





c0122445_17223847.jpg



                                発生した寒天質を冷まして固める




98~99%は水分で、食物繊維として整腸効果があるそうです。関東では酢で、関西では黒蜜。東海では酢にゴマ添えなどで醤油をかけて食べるそうです。今日は角切りにした心太に、酢と海苔をふりかけ、醤油をかけ、辛しを添えて食べました。またもうひとつは、クリーム餡蜜として食べました。



角切りの心太 & クリーム餡蜜 : 風味とコシがあって美味しかったぁ~。
c0122445_17225864.jpg




        《暑き日に 縁台に涼み 心太》

            〔あつきひに えんだいにすずみ ところてん〕
[PR]
by ocarina-t | 2009-09-25 18:01 |

  寒さには強い異邦人ですが、14~5年前に北海道の阿寒湖でマイナス24度という自然の厳寒を体験したことがありましたが、今回は人工によるマイナス30度に体験してみました。



c0122445_19513486.jpg


            すべてが凍っていました。             
c0122445_19522126.jpg


マイナス30度はブルーの氷の世界。
c0122445_1953129.jpg


光と氷の花回廊は綺麗でした。
c0122445_19532173.jpg




         《酷寒や 秋風暑く 感じつつ》

             〔こっかんや あきかぜあつく かんじつつ〕
[PR]
by ocarina-t | 2009-09-24 20:33 | 娯楽

SL・・・(708)

    ~ 小さな旅 ~


  SLが見たくなって、いつも異邦人のブログに、アメリカからコメントを寄せて下さるKさんの故郷近くでもあり、馴染みの深い所でもある真岡鉄道を訪ねてみました。



蒸気機関車を模した真岡駅舎。三階建で博物館やパソコンルームなどがある。
c0122445_18133595.jpg


真岡駅に入ってきたSLは、たくさんのSLファンに迎えられ真岡駅舎のSLと並ぶと、まるでミニチュアのように見えます。
c0122445_1813429.jpg


この真岡線の蒸気機関車(SL)は、2両あって(C1266&C11325)を保有し、祝日などは日本各地へ貸し出しもしている。
c0122445_18135356.jpg


真岡鉄道は、栃木県と茨城県を走る鉄道で、この地域が江戸時代の頃より木綿の生産地とコットンコットンと走る音に『コットンウェイ』と呼ばれているそうです。現在は第三セクター鉄道会社が経営するユニークな会社です。
c0122445_1814076.jpg




       《蒸気吐き 秋風乗せて 夢運ぶ》

           〔じょうきはき あきかぜのせて ゆめはこぶ〕
[PR]
by ocarina-t | 2009-09-23 18:54 |

  ~ 小さな旅 ~


オカリナを奏でるのに、似合いの自然豊かな景色ですね。
c0122445_17192075.jpg


c0122445_1654522.jpg  ここへは前に一度来た事がありましたが、先日「日本列島中心の地」に行く時に通ったところでもあります。
このオカリナの里は、オカリナの創始者でもある故火山久(かやまひさし)氏が、オカリナの土を求めて日本国内の転居を数十回行い、やっとこの地に辿り着いてオカリナの里としてここに工房を持ち、宗次郎、松本嘉和(ヒーリングオカリナ)、故谷力(風工房)の3人に、オカリナの製作と演奏を指導にあたり、4人で『火山久とクレイトーン・アンサンブル』を結成した土地でもあります。そしてここは、その一人である「高谷オカリナの里」の主だった故谷力の「風工房」なんです。


兎追いしかの山 ~   小鮒釣りしかの川 ~
c0122445_1718222.jpg


夢は今もめぐりて ~   忘れがたき故郷 ~
c0122445_17181158.jpg


山は青き故郷 ~   水は清き故郷 ~
c0122445_17182555.jpg


途中懐かしい小学校がありました。
c0122445_17183073.jpg




    《ふるさとは 心地良き響き 赤とんぼ》

            〔ふるさとは ここちよきひびき あかとんぼ〕
[PR]
by ocarina-t | 2009-09-22 17:47 |

  ジャ~ン。今日は敬老の日。昨日お墓参りも済ませ、シルバーウィークも中間となって我がシティから近くではありましたが、電車で小さな旅をしました。


それは、先日TVでも放映された蔵の街栃木市です。日本で唯一小江戸でもあり小京都でもあるこの町は、何度も足を運びましたが、新たにまた散策してみました。



JRと相互乗り入れとなった東武鉄道日光線特急スぺーシア。県庁所在地でもあった栃木市の庁舎。
c0122445_18282641.jpgc0122445_18295654.jpg








写真左は現存する日本最古の写真館〔片岡写真館〕。
c0122445_18305190.jpg 

         写真右は洒落た喫茶店。洋館巡りも楽しい。    c0122445_18314798.jpg










蔵造りの街並みがある蔵の街大通り。
c0122445_18322460.jpg


山車会館や蔵の街美術館などもある。
c0122445_18323453.jpg


1日200円で、のらっせ号のバス乗り放題。市内散策がのんびり出来ます。
c0122445_18324211.jpg


横山郷土館。昔は銀行。
c0122445_183395.jpg


巴波川(うずまがわ)を渉る蔵の街遊覧船。
c0122445_18332479.jpg




       《秋風に 小江戸を偲ぶ 巴波川》

             〔あきかぜに こえどをしのぶ うずまがわ〕
[PR]
by ocarina-t | 2009-09-21 19:37 |

  北海道最北端と九州最南端から、それぞれ同じ距離となる日本海側と太平洋を算出し、その二点を結んだ中間点『日本列島の中心』が存在するというので行ってみました。



だんだん道を進んでいくと人家があまりなく、川も細くなり山奥へと行きました。
c0122445_1858819.jpgc0122445_18582313.jpg








川は護岸工事もされてなく、昔懐かしい川でした。
c0122445_18585679.jpg


本当に山奥でしたが『日本列島中心の地』という石碑がありました。この奥には名水も湧き出る所です。さてここは何処でしょう。
c0122445_18595067.jpg


時代劇に出てくるような『かわせみ』という蕎麦処がありました。
c0122445_190013.jpg


天盛蕎麦を注文。これが何んと、注文してから蕎麦を打ち始めました。そのくらいですから蕎麦の香りがプ~ンとそして美味しいこと。それに栗や南瓜の旬の天婦羅。蕎麦だけでも量も多く美味しかったのに、天婦羅も美味しかったです。これは値段が少々高くてもと思いきや、これがリーズナブル。驚きでした。わざわざ蕎麦を食しに来ても良いくらいでした。ご馳走様でした。
c0122445_190666.jpg


見渡せば秋蕎麦畑の風景でした。
c0122445_1901380.jpg




      《懐かしき 里山川に 秋の蕎麦》

            〔なつかしき さとやまかわに あきのそば〕
[PR]
by ocarina-t | 2009-09-20 19:27 |